スペーステキストアニメーション

【練習】テキストアニメーション
AYANA
AYANA

みなさんこんにちは

魔法使い系Vtuberのアヤナです!

今日はスペーステキストアニメーションについて解説しています!

AYANA
AYANA

それでは早速いってみましょう!

スタート!

こちらのボタンをクリックして新規コンポジションを作成します

コンポジション名を「Universe」に変更します

デュレーションを「0;00;12;00」に変更します

OKボタンをクリックします

こちらのボタンをクリックして文字ツールを選択します

文字パネルを開いてテキストを設定します

塗りの色を[#FFFFFF]に変更します

OKボタンをクリックします

Ctrl+Alt+Homeを押してアンカーポイントをオブジェクトの中央に配置します

Ctrl+Homeを押してオブジェクトのアンカーポイントをコンポジション画面の中央に配置します

こちらのレイヤーに「タービュレントディスプレイス」エフェクトを適用します

「変形」のリストボックスをクリックして「ツイスト」に変更します

「サイズ」プロパティの値を「250」に変更します

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;02;00」に移動します

「量」キーフレームを打ちます

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;03;15」に移動します

「量」プロパティの値を「0」に変更します

Homeキーを押してインジケーターを0に移動します

「オフセット」キーフレームを打ちます

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;03;15」に移動します

「オフセット」プロパティの値を「1800」に変更します

Altキーを押しながら「展開」プロパティのストップウォッチをクリックしてエクスプレッション「time*65」を追加します

こちらのレイヤーに「エコー」エフェクトを適用します

「エコー時間(秒)」プロパティの値を「-0.1」に変更します

「エコーの数」プロパティの値を「20」に変更します

こちらをクリックしてレイヤー1のモーションブラーをオンにします

こちらをクリックしてレイヤー1の3Dをオンにします

Pキーを押して位置のみ表示させます

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;01;00」に移動します

「位置」キーフレームを打ちます

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;00;00」に移動します

「位置」プロパティの値を「960,540,-4234」に変更します

Ctrl+Dキーを押して「Universe」レイヤーを複製します

Shiftキーを押しながら範囲内の[1-2]レイヤーを選択します

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;05;15」に移動します

Alt+[キーを押し選択したレイヤーのインポイントをインジケーターの位置でトリミングします

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;08;00」に移動します

Alt+]キーを押し選択したレイヤーのアウトポイントをインジケーターの位置でトリミングします

テンキーの2を押してレイヤー「2」を選択します

こちらのレイヤーに「高速ボックスブラー」エフェクトを適用します

「ブラーの半径」プロパティの値を「3」に変更します

Ctrl+Cキーを押して「Fast Box Blur」エフェクトをコピーします

Ctrl+Vキーを押してFast Box Blurエフェクトに貼り付けします

こちらのレイヤーに「CC Radial Fast Blur」エフェクトを適用します

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;05;15」に移動します

「Zoom」のリストボックスをクリックして「Brightest」に変更します

「Center」キーフレームを打ちます

「Amount」キーフレームを打ちます

「Center」プロパティの値を「1.9」に変更します

「Amount」プロパティの値を「70」に変更します

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;06;25」に移動します

「Center」プロパティの値を「965」に変更します

「Amount」プロパティの値を「80」に変更します

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;08;00」に移動します

「Center」プロパティの値を「1900」に変更します

「Amount」プロパティの値を「90」に変更します

Ctrl+Dキーを押して「Universe」レイヤーを複製します

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;08;15」に移動します

[ キーを押し選択したレイヤーのインポイントをインジケーターの位置に移動します

こちらのレイヤーに「CC Composite」エフェクトを適用します

こちらのレイヤーに「CC Particle Systems II」エフェクトを適用します

「Birth Rate」プロパティの値を「5」に変更します

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;08;15」に移動します

「Position」キーフレームを打ちます

「Position」プロパティの値を「0」に変更します

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;11;25」に移動します

「Position」プロパティの値を「1920」に変更します

「Radius X」プロパティの値を「1」に変更します

「Radius Y」プロパティの値を「11」に変更します

「Animation」のリストボックスをクリックして「Fire」に変更します

「Velocity」プロパティの値を「0」に変更します

「Gravity」プロパティの値を「0」に変更します

「Resistance」プロパティの値を「10」に変更します

「Birth Color」プロパティの値を「FFFFFF」に変更します

「Death Color」プロパティの値を「616161」に変更します

「Source Alpha Inheritance」チェックボックスをクリックします

こちらのレイヤーに「リニアワイプ」エフェクトを適用します

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;08;15」に移動します

「変換終了」キーフレームを打ちます

「変換終了」プロパティの値を「0」に変更します

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;11;25」に移動します

「変換終了」プロパティの値を「100」に変更します

「ワイプ角度」プロパティの値を「90」に変更します

「境界のぼかし」プロパティの値を「50」に変更します

Ctrl+Nキーを押して新規コンポジションを作成します

コンポジション名を「Space」に変更します

幅を3000pxに変更します

高さを1500pxに変更します

デュレーションを「0;00;13;00」に変更します

背景色を「#00000」に変更します

OKボタンをクリックします

OKボタンをクリックします

Ctrl+Yキーを押して新しいソリッドレイヤーを作成します

ソリッドレイヤー名を「Stars」に変更します

幅を3000pxに変更します

高さを1500pxに変更します

色を変更します

OKボタンをクリックします

こちらのレイヤーに「CC Ball Action」エフェクトを適用します

「Scatter」プロパティの値を「750」に変更します

「Grid Spacing」プロパティの値を「10」に変更します

「Ball Size」プロパティの値を「20」に変更します

メニューバーの「レイヤー」から

「新規」

「カメラ」を選択します

OKボタンをクリックします

「ビューのレイアウトを選択」をクリックしてレイアウトを 2画面-左右 に変更します

Pキーを押して位置のみ表示させます

「位置」キーフレームを打ちます

「位置」プロパティの値を「896,540,-7500」に変更します

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;12;29」に移動します

「位置」プロパティの値を「896,540,0」に変更します

こちらをクリックしてレイヤー2のモーションブラーをオンにします

テンキーの2を押してレイヤー「2」を選択します

こちらのレイヤーに「Deep Tissue」エフェクトを適用します

「ビューのレイアウトを選択」をクリックしてレイアウトを 1画面 に変更します

F2キーを押してすべての選択を解除します

「ミッドトーン」プロパティの値を「616161」に変更します

フッテージを選択します

タイムラインパネルにドラッグ&ドロップします

Ctrl+Kキーを押して[コンポジション設定]ダイアログを開きます

幅を2667pxに変更します

高さを1500pxに変更します

OKボタンをクリックします

以上で今日の解説を終わります

AYANA
AYANA

みなさんいかがでしたか?

今日の解説は理解できましたか?

それでは、また次回の講義でお会いしましょう!

それじゃあまた!バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました