トラックマットトランジション

【練習】クリエイティブアニメーション
AYANA
AYANA

みなさんこんにちは

魔法使い系Vtuberのアヤナです!

今日はトラックマットトランジションについて解説しています!

AYANA
AYANA

それでは早速いってみましょう!

スタート!

Ctrl + Iキーを押してファイルをインポートします

こちらのボタンをクリックして新規コンポジションを作成します

Ctrl + Nキーを押してもできます

コンポジション名を「Search Comp」に変更します

デュレーションを「0;00;07;00」に変更します

OKボタンをクリックします

Ctrl+Tキーを押して文字ツールに切り替えます

フォントの設定を変更します

塗りの色を[FDDE4E]に変更します

Ctrl+Alt+Homeキーを押してアンカーポイントをオブジェクトの中心に移動します

位置プロパティの値を「995,400」に変更します

Qキーを1回押して長方形ツールを切り替えます

Ctrl+Alt+Homeキーを押してアンカーポイントをオブジェクトの中心に移動します

名前を「text’s mask」に変更します

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;00;20」に移動します

「位置」キーフレームを打ちます

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;00;04」に移動します

「位置」プロパティの値を「-540」に変更します

タイムラインパネルにドラッグ&ドロップします

Sキーを押してスケールのみ表示させます

「スケール」プロパティの値を「45」に変更します

位置プロパティの値を「245,445」に変更します

このリストボックスをクリックしてリンクしたい親の「text’s mask」レイヤーを選択します

トラックマットを「アルファマット」に変更します

Ctrl+Tキーを押して文字ツールに切り替えます

フォントの設定を変更します

塗りの色を[FDDE4E]に変更します

OKボタンをクリックします

線の色を[CAC9C8]に変更します

OKボタンをクリックします

Ctrl+Alt+Homeキーを押してアンカーポイントをオブジェクトの中心に移動します

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;00;22」に移動します

Pキーを押して位置のみ表示させます

「位置」キーフレームを打ちます

「位置」プロパティの値を「1060,405」に変更します

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;01;00」に移動します

「位置」プロパティの値を「1060,570」に変更します

Qキーを1回押して長方形ツールを切り替えます

トラックマットを「アルファ反転マット」に変更します

Ctrl + Nキーを押して新規コンポジションを作成します

コンポジション名を「Beach Comp」に変更します

メニューバーの「レイヤー」から

「新規」

「調整レイヤー」を選択し調整レイヤーを作成します

エフェクト/プリセットの検索ボックスに「タービュレントディスプレイス」と入力し検索します

エンターキーを押してエフェクトを適用します

「サイズ」プロパティの値を「200」に変更します

「量」キーフレームを打ちます

「展開」キーフレームを打ちます

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;00;00」に移動します

「量」プロパティの値を「-50」に変更します

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;00;20」に移動します

「量」プロパティの値を「3」に変更します

「展開」プロパティの値を「2」に変更します

エフェクト/プリセットの検索ボックスに「CC Lens」と入力し検索します

エンターキーを押してエフェクトを適用します

「サイズ」キーフレームを打ちます

「Convergence」キーフレームを打ちます

「Size」プロパティの値を「100」に変更します

「Convergence」プロパティの値を「20」に変更します

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;00;00」に移動します

「Size」プロパティの値を「0」に変更します

「Convergence」プロパティの値を「70」に変更します

Ctrl+0キーを押してプロジェクトパネルの表示を切り替えます

このフッテージを選択します

タイムラインパネルにドラッグ&ドロップします

Ctrl + Nキーを押して新規コンポジションを作成します

コンポジション名を「Autumn Comp」に変更します

, (カンマ)キーを押してコンポジションパネルをズームアウトします

Qキーを1回押して長方形ツールを切り替えます

Ctrl+Dキーを押して「Retangle 1」複製します

検索ボックスで「位置」と検索します

「位置」キーフレームを打ちます

「位置」キーフレームを打ちます

「位置」キーフレームを打ちます

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;00;08」に移動します

「位置」プロパティの値を「0,355」に変更します

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;00;16」に移動します

「位置」プロパティの値を「0,-25」に変更します

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;00;24」に移動します

「位置」プロパティの値を「0,-380」に変更します

このフッテージを選択します

タイムラインパネルにドラッグ&ドロップします

トラックマットを「アルファマット」に変更します

メニューバーの「レイヤー」から

「新規」

「調整レイヤー」を選択し調整レイヤーを作成します

エフェクト/プリセットの検索ボックスに「トーンカーブ」と入力し検索します

ダブルクリックをしてエフェクトを適用します

「チャンネル」のリストボックスをクリックして「赤」に変更します

Qキーを1回押して長方形ツールを切り替えます

Ctrl+Dキーを押して「Retangle 1」複製します

検索ボックスで「位置」と検索します

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;00;24」に移動します

「位置」キーフレームを打ちます

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;01;00」に移動します

「位置」プロパティの値を「-595,-2」に変更します

「位置」プロパティの値を「-125,-2」に変更します

「位置」プロパティの値を「355,-2」に変更します

「位置」プロパティの値を「835,-2」に変更します

トラックマットを「アルファマット」に変更します

Shift+/キーを押してコンポジションパネルに画面をフィットさせます

Ctrl + Nキーを押して新規コンポジションを作成します

コンポジション名を「Brush Comp」に変更します

Ctrl+0キーを押してプロジェクトパネルの表示を切り替えます

このフッテージを選択します

タイムラインパネルにドラッグ&ドロップします

エフェクト/プリセットの検索ボックスに「リニアワイプ」と入力し検索します

ダブルクリックをしてエフェクトを適用します

「ワイプ角度」プロパティの値を「87」に変更します

「境界のぼかし」プロパティの値を「20」に変更します

「変換終了」プロパティの値を「100」に変更します

「変換終了」キーフレームを打ちます

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;00;10」に移動します

「変換終了」プロパティの値を「0」に変更します

Ctrl+Dキーを押して「05 brush stroke」レイヤー複製します

Alt+Shift+PageDownキーを1回押して選択したレイヤーを移動します

「ワイプ角度」プロパティの値を「279」に変更します

Ctrl+Dキーを押して「」複製します

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;00;20」に移動します

Alt+Shift+PageDownキーを1回押して選択したレイヤーを移動します

「ワイプ角度」プロパティの値を「85」に変更します

Ctrl+Dキーを押して「」複製します

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;01;00」に移動します

Alt+Shift+PageDownキーを1回押して選択したレイヤーを移動します

「ワイプ角度」プロパティの値を「280」に変更します

Shift+[‘P’, ‘S’]を押して複数のプロパティを表示させます

「位置」プロパティの値を「1000,718」に変更します

「スケール」プロパティの値を「134,50」に変更します

「位置」プロパティの値を「940,580」に変更します

「スケール」プロパティの値を「220,84」に変更します

「位置」プロパティの値を「993,434」に変更します

「スケール」プロパティの値を「150,70」に変更します

「位置」プロパティの値を「1200,330」に変更します

「スケール」プロパティの値を「150,50」に変更します

Ctrl+Yキーを押して 新しいソリッドレイヤーを作成します

レイヤー名を「black」に変更します

色を変更します

OKボタンをクリックします

Ctrl+Shift+[ キーを押して選択したレイヤーを一番下に移動します

Ctrl+Cキーを押して「リニアワイプ」エフェクトをコピーします

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;01;10」に移動します

Ctrl+Vキーを押してこちらにを貼り付けします。

「境界のぼかし」プロパティの値を「1000」に変更します

Ctrl + Nキーを押して新規コンポジションを作成します

コンポジション名を「Main Comp」に変更します

Ctrl+0キーを押してプロジェクトパネルの表示を切り替えます

このフッテージを選択します

タイムラインパネルにドラッグ&ドロップします

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;01;20」に移動します

Alt+] キーを押し選択したレイヤーのインポイントをインジケーターの位置でトリミングします

このフッテージを選択します

タイムラインパネルにドラッグ&ドロップします

このフッテージを選択します

タイムラインパネルにドラッグ&ドロップします

トラックマットを「アルファマット」に変更します

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;04;20」に移動します

[キーを押し選択したレイヤーのアウトポイントをインジケーターの位置に移動します

このフッテージを選択します

タイムラインパネルにドラッグ&ドロップします

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;02;20」に移動します

[キーを押し選択したレイヤーのアウトポイントをインジケーターの位置に移動します

このフッテージを選択します

タイムラインパネルにドラッグ&ドロップします

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;01;00」に移動します

[キーを押し選択したレイヤーのアウトポイントをインジケーターの位置に移動します

Ctrl+Yキーを押して 新しいソリッドレイヤーを作成します

レイヤー名を「Background」に変更します

色を変更します

OKボタンをクリックします

Ctrl+Shift+[ キーを押して選択したレイヤーを一番下に移動します

Homeキーを押してインジケーターを0に移動します

Spaceキーを押してプレビュー再生します

以上で今日の解説を終わります

AYANA
AYANA

みなさんいかがでしたか?

今日の解説は理解できましたか?

それでは、また次回の講義でお会いしましょう!

それじゃあまた!バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました