月が満ち欠けしていくアニメーション

【練習】クリエイティブアニメーション
AYANA
AYANA

みなさんこんにちは

魔法使い系Vtuberのアヤナです!

今日は月が満ち欠けしていくアニメーションについて解説しています!

AYANA
AYANA

それでは早速いってみましょう!

スタート!

こちらのボタンをクリックして新規コンポジションを作成します

Ctrl + Nキーを押してもできます

コンポジション名を「MAIN COMP」に変更します

デュレーションを「0;00;06;00」に変更します

背景色を「190C11」に変更します

OKボタンをクリックします

, (カンマ)キーを押してコンポジションパネルをズームアウトします

こちらのボタンを押して楕円ツールを選択します

Qキーを押してもできます

塗りの色を[000000]に変更します

OKボタンをクリックします

Ctrl+Alt+Homeキーを押してアンカーポイントをオブジェクトの中心に移動します

Ctrl+Homeキーを押してアンカーポイントを基準としてオブジェクトを中心に配置します

Vキーを押して選択ツールに切り替えます

Shift+/キーを押してコンポジションパネルに画面をフィットさせます

エフェクト/プリセットの検索ボックスに「ガウス」と入力し検索します

ダブルクリックをしてエフェクトを適用します

「ブラー」プロパティの値を「200」に変更します

名前を「Outer」に変更します

Ctrl+Dキーを押して「Outer」レイヤー複製します

名前を「Inner」に変更します

Sキーを押してスケールのみ表示させます

「スケール」プロパティの値を「25」に変更します

メニューバーの「レイヤー」から

「新規」

「ヌルオブジェクト」を選択しヌルオブジェクトを作成します

名前を「Controller」に変更します

エフェクト/プリセットの検索ボックスに「スライダー制御」と入力し検索します

エンターキーを押してエフェクトを適用します

「Inner」レイヤーのリストボックスをクリックしてリンクしたい親の「Controller」レイヤーを選択します

「Outer」レイヤーのリストボックスをクリックしてリンクしたい親の「Controller」レイヤーを選択します

Pキーを押して位置のみ表示させます

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;04;00」に移動します

「位置」キーフレームを打ちます

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;00;00」に移動します

「位置」プロパティの値を「0,0」に変更します

Ctrl+0キーを押してプロジェクトパネルの表示を切り替えます

Ctrl + Iキーを押してファイルをインポートします

このフッテージを選択します

タイムラインパネルにドラッグ&ドロップします

Sキーを押してスケールのみ表示させます

「スケール」プロパティの値を「30」に変更します

エフェクト/プリセットの検索ボックスに「露光量」と入力し検索します

ダブルクリックをしてエフェクトを適用します

「露出」プロパティの値を「2」に変更します

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;04;00」に移動します

こちらのスイッチをクリックすると、レイヤーの非表示を切り替えます

トラックマットを「アルファ反転マット」に変更します

Eキーを押してエフェクトのみ表示させます

Altキーを押しながら「露出」プロパティのストップウォッチをクリックしてエクスプレッションを追加します

そして、子になるこのプロパティのピックウィップをドラッグし、リンクしたい親の「スライダー」プロパティを選択するとリンクして価値を入れます。そうすると、できたエクスプレッションは以下の通りです。

linear(thisComplayer(“Controller”)effect(“スライダー制御”)(“スライダー”),0,50,0,2)

Ctrl+Dキーを押して「The Moon」レイヤー複製します

名前を「Mask」に変更します

Ctrl+[ キーを押し選択したレイヤーを下に移動します

トラックマットを「トラックマットなし」に変更します

Ctrl+Shift+Eキーを押してレイヤーのエフェクトを全て削除します

エフェクト/プリセットの検索ボックスに「レベル補正」と入力し検索します

ダブルクリックをしてエフェクトを適用します

「白出かレベル」プロパティの値を「0」に変更します

Ctrl+Dキーを押して「Mask」レイヤー複製します

名前を「Red Moon」に変更します

Ctrl+Shift+Eキーを押してレイヤーのエフェクトを全て削除します

エフェクト/プリセットの検索ボックスに「輝度&コントラスト」と入力し検索します

ダブルクリックをしてエフェクトを適用します

「輝度」プロパティの値を「-100」に変更します

「コントラスト」プロパティの値を「-100」に変更します

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;03;00」に移動します

エフェクト/プリセットの検索ボックスに「トーンカーブ」と入力し検索します

ダブルクリックをしてエフェクトを適用します

「チャンネル」のリストボックスをクリックして「緑」に変更します

「チャンネル」のリストボックスをクリックして「青」に変更します

「チャンネル」のリストボックスをクリックして「赤」に変更します

Tキーを押して不透明度のみ表示させます

Altキーを押しながら「不透明度」プロパティのストップウォッチをクリックしてエクスプレッションを追加します

そして、子になるこのプロパティのピックウィップをドラッグし、リンクしたい親の「スライダー」プロパティを選択するとリンクして価値を入れます。そうすると、できたエクスプレッションは以下の通りです。

ease(thisComplayer(“Controller”)effect(“スライダー制御”)(“スライダー”),15,100,0,100)

Ctrl+Dキーを押して「Red Moon」レイヤー複製します

名前を「Inner Red Moon」に変更します

Ctrl+[ キーを押し選択したレイヤーを下に移動します

「Inner Red Moon」レイヤーのトラックマットを「アルファ反転マット」に変更します

Ctrl+下矢印キーを1回押してレイヤーを選択します

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;05;00」に移動します

「スライダー」キーフレームを打ちます

「スライダー」プロパティの値を「170」に変更します

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;03;00」に移動します

「スライダー」プロパティの値を「40」に変更します

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;01;00」に移動します

「スライダー」プロパティの値を「10」に変更します

Ctrl+Aキーを押して全てのレイヤーを選択します

Shift+Ctrl+Cを押してレイヤーをプリコンポーズします

そして名前を「Eclipse Comp」に変更します。

OKボタンをクリックします

エフェクト/プリセットの検索ボックスに「グロー」と入力し検索します

ダブルクリックをしてエフェクトを適用します

「グロー半径」プロパティの値を「200」に変更します

「グロー強度」プロパティの値を「0.6」に変更します

「カラーA」プロパティの値を「ABBBFF」に変更します

「カラーB」プロパティの値を「17171B」に変更します

Ctrl+Yキーを押して 新しいソリッドレイヤーを作成します

レイヤー名を「Star」に変更します

色「FEE5F1」を変更します

OKボタンをクリックします

Ctrl+[ キーを押し選択したレイヤーを下に移動します

エフェクト/プリセットの検索ボックスに「CC Star Burst」と入力し検索します

エンターキーを押してエフェクトを適用します

「Size」プロパティの値を「30」に変更します

「Speed」プロパティの値を「0.01」に変更します

Ctrl+0キーを押してプロジェクトパネルの表示を切り替えます

このフッテージを選択します

タイムラインパネルにドラッグ&ドロップします

Sキーを押してスケールのみ表示させます

「スケール」プロパティの値を「26」に変更します

Pキーを押して位置のみ表示させます

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;00;00」に移動します

「位置」キーフレームを打ちます

「位置」プロパティの値を「340,360」に変更します

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを「0;00;05;00」に移動します

「位置」プロパティの値を「1240,330」に変更します

Ctrl+Yキーを押して 新しいソリッドレイヤーを作成します

レイヤー名を「Background」に変更します

色「190C11」を変更します

OKボタンをクリックします

Ctrl+Shift+[ キーを押して選択したレイヤーを一番下に移動します

こちらをクリックしてプロジェクト設定ダイアログボックスを開かれます

色深度を「16 bit/チャンネル」に変更します

OKボタンをクリックします

Spaceキーを押してプレビュー再生します

以上で今日の解説を終わります

AYANA
AYANA

みなさんいかがでしたか?

今日の解説は理解できましたか?

それでは、また次回の講義でお会いしましょう!

それじゃあまた!バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました