💣 爆弾が爆発する💥アニメーション

【練習】クリエイティブアニメーション
AYANA
AYANA

みなさんこんにちは

魔法使い系Vtuberのアヤナです!

今日は爆弾が爆発するアニメーションについて解説しています!

AYANA
AYANA

それでは早速いってみましょう!

スタート!

こちらのボタンを押して新規コンポジションを作成します

Ctrl + Nキーを押しても新規コンポジションを作成できます

コンポジション名を変更します

デュレーションを「0;00;06;00」に変更します

背景色を「#415790」に変更します

OKボタンをクリックします

Ctrl + Iキーを押してファイルをインポートします

読み込み の 種類 のリストボックスをクリックして読み込み種類を「コンポジション」に変更します

フッテージのサイズのリストボックスをクリックして「レイヤーサイズ」に変更します

OKボタンをクリックします

このフッテージをダブルクリックして開きます

Shiftキーを押しながら複数の[1-4]レイヤーを選択します

Shift + Ctrl + Cを押してレイヤーセットをプリコンポーズします。そして名を「Spark」に変更します

OKボタンをクリックします

こちらのボタンを押してアンカーポイントツールを選択します

Yキーを押してもアンカーポイントツールに変更できます

メニューバーの「レイヤー」から -「作成」-「ベクトルレイヤーからシェイプを作成」を選択します

。 (ドット) キーを押してコンポジションパネルをズームインします

F2キーを押してすべての選択を解除します

こちらのボタンを押してペンツールを選択します 。 Gキーを押してもペンツールに変更できます

Ctrl + [ を押し選択したレイヤーを下に移動します

追加のボタンから「パスのトリミング」プロパティを追加します

Alt + Shift + Jキーを押してインジケーターを「0;00;00;00」に移動します

「開始点」キーフレームを打ちます

Alt + Shift + Jキーを押してインジケーターを「0;00;02;00」に移動します

「開始点」プロパティの値を「100,0」に変更します

Homeキーを押してインジケーターを0に移動します

Ctrl + Cキーを押して「パス」をコピーします

レイヤー「1」を選択し、Pキーを押して位置のみ表示させます

位置のプロバティにCtrl + Vキーを押して、コピーし た「パス」を 貼り付けします

レイヤー「3」 トラックマットを「アルファマット」に変更します

Shift + / (スラッシュ) キーを押してコンポジションパネルに画面をフィットさせます

「Spark」コンポジションを切り替えます

Sキーを押してスケールのみ表示させます

「0;00;00;20」までインジケーターを移動します

  • 「スケール」キーフレームを打ちます
  • 「スケール」プロパティの値を「88,0」に変更します

「0;00;00;00」 までインジケーターを移動します

  • 「スケール」プロパティの値を「95,0」に変更します

Altキーを押しながら「スケール」プロパティのストップウォッチをクリックしてエクスプレッション「loopOut()」を追加します

Ctrl + Cキーを押して 「スケール」プロパティをコピーします

レイヤー「2、3、4」Ctrl + Vキーを押して貼り付けします

「Bomb Fuse」コンポジションを切り替えます

エフェクト/プリセットの検索ボックスから「グロー」エフェクトを適用します

「0;00;00;00」のインジケーターで

  • 「グロー半径」キーフレームを打ちます
  • 「グロー半径」プロパティの値を「5,0」に変更します

「0;00;00;05」のインジケーターで「グロー半径」プロパティの値を「25,0」に変更します

Altキーを押しながら「グロー半径」プロパティのストップウォッチをクリックしてエクスプレッション「loopOut()」を追加します

  • 「Spark」レイヤーでSキーを押してスケールのみ表示させます

「0;00;01;10」のインジケーターで「スケール」キーフレームを打ちます

「0;00;02;00」のインジケーターで 「スケール」プロパティの値を「0」に変更します

  • 「Bomb」レイヤーで Sキーを押してスケールのみ表示させます

「0;00;01;29」のインジケーターで「スケール」キーフレームを打ちます

「0;00;02;01」のインジケーターで「スケール」プロパティの値を「200,0」に変更します

「0;00;02;03」のインジケーターで「スケール」プロパティの値を「0,0」に変更します

Ctrl + 0キーを押してプロジェクトパネルの表示を切り替えます

こちらのボタンを押して新規「 Smoke 」コンポジションを作成します

Ctrl + Yを押して 新しいソリッドレイヤーを作成します

名前を「Smoke 1」に変更します

エフェクト/プリセットの検索ボックスに「CC Particle World」と入力し検索します

Alt + Shift + Jキーを押してインジケーターを「0;00;00;00」に移動します

「Birth Rate」プロパティの値を「0,0」に変更します

「Longevity (sec)」プロパティの値を「3.5,0」に変更します

「Birth Rate」キーフレームを打ちます

Producer:

「Radius X」プロパティの値を「0,0」に変更します

「Radius Y」プロパティの値を「0,0」に変更します

Physics:

「Resistance」プロパティの値を「4.6,0」に変更します

「Velocity」プロパティの値を「0,0」に変更します

「Gravity」プロパティの値を「0,0」に変更します

「速度」キーフレームを打ちます

「Resistance」キーフレームを打ちます

Particle:

「Particle Type」のリストボックスをクリックして「Lens Convex」に変更します

「Birth Size」プロパティの値を「0,0」に変更します

「Death Size」プロパティの値を「0,0」に変更します

「Size Variation」プロパティの値を「100,0」に変更します

「Birth Size」キーフレームを打ちます

「Death Size」キーフレームを打ちます

Extras:

「Random Seed」プロパティの値を「420,0」に変更します

Uキーを押してキーフレームが設定されているプロパティのみを表示します

  • 「0;00;00;05」のインジケーターで

「Birth Rate」プロパティの値を「23,0」に変更します

「Velocity」プロパティの値を「4,0」に変更します

「Resistance」プロパティの値を「198,0」に変更します

「Birth Size」プロパティの値を「0.6,0」に変更します

  • 「0;00;00;08」のインジケーターで

「Birth Rate」プロパティの値を「0,0」に変更します

F9キーを押して「Birth Rate」のキーフレームをイージーイーズします

Shift + F9キーを押して「Velocity」のキーフレームをイージーイーズインします

エフェクト/プリセットの検索ボックスに「 塗り 」と入力し検索します

「0;00;00;05」のインジケーターで「カラー」プロパティの値を「#B62600」に変更します

「カラー」キーフレームを打ちます

「0;00;00;12」のインジケーターで「カラー」プロパティの値を「 #4A3D3C」に変更します

エフェクト/プリセットの検索ボックスに「グロー」と入力し検索します

  • 「0;00;00;12」のインジケーターで

「グローしきい値」プロパティの値を「11」に変更します

「グロー半径」プロパティの値を「100」に変更します

  • 「0;00;00;07」のインジケーターで
  • 「グロー強度」キーフレームを打ちます

    「グロー強度」プロパティの値を「0.8」に変更します

    • 「0;00;00;15」のインジケーターで

    「グロー強度」プロパティの値を「0」に変更します

    Tキーを押して不透明度のみ表示させます

    「0;00;00;18」のインジケーターで「不透明度」キーフレームを打ちます

    「0;00;00;25」のインジケーターで「不透明度」プロパティの値を「0」に変更します

    Ctrl + Dキーを押してレイヤー1を複製します

    Alt + PageDownキーを1回押して選択したレイヤーを1フレーム移動します

    「Random Seed」プロパティの値を「310,0」に変更します

    Ctrl + Dキーを押して複製します

    Alt + PageDownキーを1回押して選択したレイヤーを1フレーム移動します

    「Random Seed」プロパティの値を「250,0」に変更します

    Sキーを押してレイヤー[1, 2]のスケールのみ表示させます

    「スケール」プロパティの値を「55,100」に変更します

    「スケール」プロパティの値を「80,100」に変更します

    Shiftキーを押しながら複数の[1ー3]レイヤーを選択します

    Ctrl + Dキーを押して複製します

    Ctrl + [ を押し選択したレイヤーを下に移動します

    「位置」プロパティの値を「830,660」に変更します

    Alt + PageDownキーを5回押して選択したレイヤーを5フレーム移動します

    Ctrl + Dキーを押して複製します

    Ctrl + [ を押し選択したレイヤーを下に移動します

    「位置」プロパティの値を「1075,660」に変更します

    Alt + PageDownキーを5回押して選択したレイヤーを5フレーム移動します

    全てのレイヤーを選択してモードを「Overlay」に変更します

    「Main」コンポジションを切り替えます

    Ctrl + 0キーを押してプロジェクトパネルの非表示を切り替えます

    [BOMB FUSE]のフッテージを選択してタイムラインパネルにドラッグ&ドロップします

    [Smoke]のフッテージを選択してタイムラインパネルにドラッグ&ドロップします

    Rキーを押して回転のみ表示させます

    「回転」キーフレームを打ちます

    「回転」プロパティの値を「0x-2」に変更します

    インジケーターを「0;00;00;02」に移動して「回転」プロパティの値を「2,0」に変更します

    Altキーを押しながら「回転」プロパティのストップウォッチをクリックしてエクスプレッション「loopOut()」を追加します

    Alt + Shift + Jキーを押してインジケーターを「0;00;02;00」に移動します

    [ キーを押し選択したレイヤーをアウトポイントのインジケーターの位置に移動します

    「スケール」プロパティの値を「200,0」に変更します

    Ctrl + Yを押して 新しい「Background」ソリッドレイヤーを作成します

    Ctrl + Shift + [ を押して選択したレイヤーを一番下に移動します

    インジケーターを「0;00;04;00」に移動しNキーを押してワークエリア終了を設定します

    📽 レビュー

    Homeキーを押してインジケーターを0に移動します

    Spaceキーを押してプレビュー再生します

    以上で今日の解説を終わります

    AYANA
    AYANA

    みなさんいかがでしたか?

    今日の解説は理解できましたか?

    それでは、また次回の講義でお会いしましょう!

    それじゃあまた!バイバイ!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました