リアルウォーターエフェクト

【練習】クリエイティブアニメーション
AYANA
AYANA

みなさんこんにちは

魔法使い系Vtuberのアヤナです!

今日はリアルウォーターエフェクトについて解説しています!

AYANA
AYANA

それでは早速いってみましょう!

スタート!

こちらのボタンを押して新規コンポジションを作成します。Ctrl+Nキーを押してもできます。

コンポジション名を[Background Effect]に変更します。

デュレーションを「0:00:10:00」に変更します。

OKボタンをクリックします。

Ctrl+Yを押して新しいソリッドレイヤーを作成します。レイヤー名を「BG」に変更します。

エフェクト/プリセットの検索ボックスに[フラクタルノイズ]と入力し検索します。ダブルクリックをしてエフェクトを適用します。

  • 「フラクタルの種類」のリストボックスをクリックして「ダイナミック」に変更します。
  • 「ノイズの種類」のリストボックスをクリックして「リニア」に変更します。
  • 「コントラスト」プロパティの値を[123,0]に変更します。
  • 「明るさ」プロパティの値を[-7,0]に変更します。
  • 「複雑度」プロパティの値を[4,0]に変更します。
  • 「スケール」プロパティの値を[150,0]に変更します。

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを[0:00:00:00]に移動します。

  • 「乱気流のオフ」キーフレームを打ちます。
  • 「展開」キーフレームを打ちます。

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを[0:00:05:00]に移動します。

  • 「乱気流のオフ」プロパティの値を[1200,0]に変更します。
  • 「展開」プロパティの値を[220,0]に変更します。
  • 「ランダムシード」プロパティの値を[20,0]に変更します。

Uキーを押してキーフレーム・エクスプレッションが設定されているプロパティのみを表示します。

F9キーを押してイージーイーズを適用します。

エフェクト/プリセットの検索ボックスに「トライトーン」 エフェクトを適用します。

  • 「ハイライト]プロパティの値を[FFF6F6,0」に変更します。
  • 「ミッドトーン」プロパティの値を[167193,0」に変更します。
  • 「シャドウ」プロパティの値を[194897,0]に変更します。

Shift+Ctrl+Cを押して「BG」レイヤーをプリコンポーズします。そして名前を「Glass」に変更します。

エフェクト/プリセットの検索ボックスに「CC Glass」と入力し検索します。ダブルクリックをしてエフェクトを適用します。

  • 「Softness」プロパティの値を[40,0]に変更します。
  • 「Height」プロパティの値を[70,0]に変更します。
  • 「Displacement」プロパティの値を[-100,0]に変更します。

テンキーの「1」を押して「Glass」レイヤーを選択します。

Sキーを押してスケールのみ表示させます。「スケール」プロパティの値を[105]に変更します。

こちらのボタンを押して文字ツールを選択します。Ctrl+Tキーを押してもできます。

  • フォントの設定を変更します。
  • 塗りの色を[FFFFFF]に変更します。

Ctrl+Alt+Homeキーを押してアンカーポイントを中心に移動します。

Ctrl+Homeキーを押してアンカーポイントを基準としてオブジェクトを中心に配置します。

「Glass」レイヤーで:Ctrl+Cキーを押して「CC Glass」エフェクトをコピーします。

「Water」レイヤーを選択、Ctrl+Vキーを押してエフェクトを貼り付けします。

「Glass」レイヤーをダブルクリックしてこのコンポジションを開きます。

「BG」レイヤーを選択、Ctrl+Cキーを押してコピーします。

「Background Effect」コンポジショを開き、Ctrl+Vキーを押してレイヤーを貼り付けします。

Deleteキーを押して「トライトーン」エフェクトを削除します。

Shift+Ctrl+Cを押して「BG」レイヤーをプリコンポーズします。そして名前を「Map」に変更します。

Ctrl+Alt+Shift+Vを押してレイヤーの非表示を切り替えます。

テンキーの「2」を押して「Water」レイヤーを選択します。

エフェクト/プリセットの検索ボックスに「CC Vector Blur」と入力し検索します。Enterキーを押してエフェクトを適用します。

  • 「Amount」プロパティの値を[7,0]に変更します。
  • 「Vector Map」のリストボックスをクリックして「Map」に変更します。

エフェクト/プリセットの検索ボックスに[ディスプレイスメントマップ」と入力し検索します。Enterキーを押してエフェクトを適用します。

  • 「マップレイヤー」のリストボックスをクリックして「Map」に変更します。
  • 「最大水平置き換え」プロパティの値を[20,0]に変更します。
  • 「最大垂直置き換え」プロパティの値を[20,0]に変更します。

Ctrl+0キーを押してプロジェクトパネルの表示を切り替えます。

Ctrl+Iキーを押してファイルをインポートします。

このフッテージを選択します。タイムラインパネルにドラッグ&ドロップします。

Ctrl+Shift+]キーを押して選択したレイヤーを一番上に移動します。

Sキーを押してスケールのみ表示させます。

「スケール]プロパティの値を[14,0]に変更します。

こちらのボタンを押してパペット位置ピンツールを選択します。

こちらのボタンを押してパペット詳細ピンツールを選択します。

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを[0:00:00:25]に移動します。

  • 「位置]プロパティの値を[2969.6,0]に変更します。
  • 「位置]プロパティの値を[2969.6,0]に変更します。

ドラッグして[PuppetPin 3、Puppet Pin4]のキーフレームを選択します

Ctrl+Cキーを押してキーフレームをコピーします。

インジケーターの[0:00:01:07]に、Ctrl+Vキーを押してキーフレームを貼り付けします。

インジケーターの[0:00:02:15]に、Ctrl+Vキーを押してキーフレームを貼り付けします。

インジケーターの[0:00:03:24]に、Ctrl+Vキーを押してキーフレームを貼り付けします。

「1」レイヤーを選択します。

Aキーを押して目標点のみ表示させます。

「アンカーポイント]プロパティの値を[3146,1553]に変更します。

Pキーを押して位置のみ表示させます。

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを[0:00:00:00]に移動します。

  • 「位置]キーフレームを打ちます。
  • 「位置]プロパティの値を[345,560]に変更します。

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを[0:00:04:15]に移動します。

  • 「位置]プロパティの値を[1835,565]に変更します。

F2キーを押してすべての選択を解除します。

こちらのボタンを押してスターツールを選択します。Qキーを押してもできます。

こちらのボタンをダブルクリックしてオブジェクトを画面いっぱいに配置します。

  • 「頂点の数]プロパティの値を[3]に変更します。
  • 「回転]プロパティの値を[90]に変更します。
  • 「外側の丸み]プロパティの値を[20]に変更します。

テンキーの[1]を押して「Shape layer 1」レイヤーを選択します。

Ctrl+[キーを押し「Shape layer 1」レイヤーを下に移動します。

エフェクト/プリセットの検索ボックスに[波形ワープ]と入力し検索します。Enterキーを押してエフェクトを適用します。

  • 「波形の高さ]プロパティの値を[30]に変更します。
  • 「波形の幅]プロパティの値を[50]に変更します。
  • 「方向]プロパティの値を[0x+90]に変更します。
  • 「波形の速度]プロパティの値を[1.5]に変更します。

Aキーを押して目標点のみ表示させます。

「アンカーポイント]プロパティの値を[511,-4]に変更します。

Pキーを押して位置のみ表示させます。

子になる「位置」プロパティのピックウィップをドラッグし、リンクしたい親の「位置」プロパティを選択するとリンクすることができます。

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを[0:00:04:15]に移動します。

Sキーを押してスケールのみ表示させます。「現在の縦横比を固定」チェックボックスをクリックします。「スケール]プロパティの値を[200,105]に変更します。

テンキーの[4]を押して「Water」レイヤーを選択します。Ctrl+Dキーを押して複製します。

Ctrl+[キーを押し「Water 2」レイヤーを下に移動します。

「Water」のトラックマットを「アルファ反転マット」に変更します。

「Water 2」レイヤーをダブルクリックしてテキストを「Realty」に変更します。

塗りの色を[87D1C5]に変更します。

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを[0:00:04:25]に移動します。

Tキーを押して不透明度のみ表示させます。

  • 「不透明度]キーフレームを打ちます。
  • 「最大垂直置き換え]キーフレームを打ちます。

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを[0:00:01:00]に移動します。

  • 「不透明度]プロパティの値を[0,0]に変更します。
  • 「最大垂直置き換え]プロパティの値を[500,0]に変更します。

Alt+Shift+Jキーを押してインジケーターを[0:00:05:10]に移動します。

Nキーを押してワークエリア終了を設定します。

プレビュー

Homeキーを押してインジケーターを0に移動します。

Spaceキーを押してプレビュー再生します。

以上で今日の解説を終わります

AYANA
AYANA

みなさんいかがでしたか?

今日の解説は理解できましたか?

それでは、また次回の講義でお会いしましょう!

それじゃあまた!バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました