イラストとテキストがポップに跳ねるアニメーション

【練習】テキストアニメーション
AYANA
AYANA

みなさんこんにちは

魔法使い系Vtuberのアヤナです!

今日はイラストとテキストがポップに跳ねるアニメーションについて解説しています!

AYANA
AYANA

それでは早速いってみましょう!

スタート!

こちらのボタンを押して新規コンポジションを作成します

Ctrl + Nキーを押しても新規コンポジションを作成できます

コンポジション名を変更します

デュレーションを[0;00;05;00]に変更します

OKボタンをクリックします

Ctrl + Iキーを押してファイルをインポートします

Ctrl + Alt + Fを押してコンポジションに合わせてスケールを調整します

Sキーを押してスケールのみ表示させます

[スケール]プロパティの値を[42,0]に変更します

Alt + Shift + Jキーを押してインジケーターを[0;00;01;20]に移動します

Pキーを押して位置のみ表示させます

[位置]プロパティの値を[1115,448]に変更します

[位置]キーフレームを打ちます

Alt + Shift + Jキーを押してインジケーターを[0;00;00;10]に移動します

[位置]プロパティの値を[2150,-156]に変更します

F9キーを押してイージーイーズを適用します

こちらのボタンを押してグラフエディターを表示させます

「速度グラフを編集」を選択します

グラフを調整します

こちらのボタンを押して文字ツールを選択します

Ctrl + Tキーを押しても文字ツールに変更できます

フォントの設定を変更します

塗りの色を[FE6DCB]に変更します

OKボタンをクリックします

塗りの色を[ECC18E]に変更します

OKボタンをクリックします

Ctrl + Alt + Homeキーを押してアンカーポイントを中心に移動します

こちらのボタンを押してペンツールを選択します

Gキーを押してもペンツールに変更できます

Vキーを押して選択ツールに切り替えます

[バス]のリストボックスをクリックして「マスク 1」に変更します

[反転バス]プロパティの値を[On]に変更します

Alt + Shift + Jキーを押してインジケーターを[0;00;01;15]に移動します

[最初のマージン]キーフレームを打ちます

[最初のマージン]プロパティの値を[356,0]に変更します

Alt + Shift + Jキーを押してインジケーターを[0;00;00;05]に移動します

[最初のマージン]プロパティの値を[1847,0]に変更します

F9キーを押してイージーイーズを適用します

こちらのボタンを押してグラフエディターを表示させます

「速度グラフを編集」を選択します

グラフを調整します

テンキーの[2]を押してレイヤーを選択します

Alt + Shift + Jキーを押してインジケーターを[0;00;01;24]に移動します

Rキーを押して回転のみ表示させます

[回転]プロパティの値を[145,0]に変更します

[回転]キーフレームを打ちます

Alt + Shift + Jキーを押してインジケーターを[0;00;02;00]に移動します

[回転]プロパティの値を[0,0]に変更します

Alt + Shift + Jキーを押してインジケーターを[0;00;02;06]に移動します

[回転]プロパティの値を[60,0]に変更します

Alt + Shift + Jキーを押してインジケーターを[0;00;02;12]に移動します

[回転]プロパティの値を[20,0]に変更します

Alt + Shift + Jキーを押してインジケーターを[0;00;02;18]に移動します

[回転]プロパティの値を[30,0]に変更します

F9キーを押してイージーイーズを適用します

こちらのボタンを押してグラフエディターを表示させます

「速度グラフを編集」を選択します

グラフを調整します

F9キーを押してイージーイーズを適用します

Ctrl + ‘]’を押し選択したレイヤーを上に移動します

Shiftキーを押しながら複数のレイヤーをクリックして選択します

Shift + Ctrl + Cを押してレイヤーまたはレイヤーセットをプリコンポーズします

OKボタンをクリックします

こちらのボタンを押して文字ツールを選択します

Ctrl + Tキーを押しても文字ツールに変更できます

塗りの色を[FE6DCB]に変更します

OKボタンをクリックします

塗りの色を[4B808D]に変更します

OKボタンをクリックします

Ctrl + Alt + Homeキーを押してアンカーポイントを中心に移動します

Alt + Shift + Jキーを押してインジケーターを[0;00;02;18]に移動します

Alt + ‘[‘を押し選択したレイヤーのアウトポイントをインジケーターの位置でトリミングします

Sキーを押してスケールのみ表示させます

[スケール]プロパティの値を[0,0]に変更します

[スケール]キーフレームを打ちます

Alt + Shift + Jキーを押してインジケーターを[0;00;02;28]に移動します

[スケール]プロパティの値を[100,0]に変更します

Pキーを押して位置のみ表示させます

[位置]プロパティの値を[933,825]に変更します

Shift + Ctrl + Cを押してレイヤーまたはレイヤーセットをプリコンポーズします

OKボタンをクリックします

Shiftキーを押しながら複数のレイヤーをクリックして選択します

Pキーを押して位置のみ表示させます

[位置]プロパティの値を[884,724]に変更します

[位置]プロパティの値を[940,620]に変更します

Aキーを押して目標点のみ表示させます

[目標点]プロパティの値を[940,830]に変更します

[目標点]プロパティの値を[981,485]に変更します

Shiftキーを押しながら複数のレイヤーをクリックして選択します

Pキーを押して位置のみ表示させます

Alt + Shift + Jキーを押してインジケーターを[0;00;02;28]に移動します

[位置]プロパティの値を[960,940]に変更します

[位置]プロパティの値を[960,570]に変更します

[位置]キーフレームを打ちます

Alt + Shift + Jキーを押してインジケーターを[0;00;03;01]に移動します

[位置]プロパティの値を[960,810]に変更します

Alt + Shift + Jキーを押してインジケーターを[0;00;03;05]に移動します

[位置]プロパティの値を[960,418]に変更します

Alt + Shift + Jキーを押してインジケーターを[0;00;03;10]に移動します

[位置]プロパティの値を[960,890]に変更します

[位置]プロパティの値を[960,610]に変更します

Alt + Shift + Jキーを押してインジケーターを[0;00;03;20]に移動します

[位置]プロパティの値を[960,748]に変更します

[位置]プロパティの値を[960,453]に変更します

Alt + Shift + Jキーを押してインジケーターを[0;00;04;00]に移動します

[位置]プロパティの値を[960,783]に変更します

[位置]プロパティの値を[960,501.5]に変更します

Alt + Shift + Jキーを押してインジケーターを[0;00;04;10]に移動します

[位置]プロパティの値を[960,763]に変更します

[位置]プロパティの値を[960,461]に変更します

こちらのボタンをクリックすると、コンポジションレイヤーをコラップトランスフォームしたり、ベクトルレイヤーを連続ラスタライズしたり切り替える事ができます

F9キーを押してイージーイーズを適用します

Homeキーを押してインジケーターを0に移動します

Spaceキーを押してプレビュー再生します

以上で今日の解説を終わります

AYANA
AYANA

みなさんいかがでしたか?

今日の解説は理解できましたか?

それでは、また次回の講義でお会いしましょう!

それじゃあまた!バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました