波のようにスムーズに動くテロップ・テキストアニメーション

波のようにスムーズに動くテキストアニメーション 【練習】テキストアニメーション
AYANA
AYANA

みなさんこんにちは

魔法使い系Vtuberのアヤナです!

今日は波のようにスムーズに動くテロップ・テキストアニメーションについて解説していきます。

AYANA
AYANA

それでは早速いってみましょう!

スタート!

今日はこちらのアニメーションの作り方について解説していきます!

①こちらのボタンを押して新規コンポジションを作成します

Ctrl + Nキーを押しても新規コンポジションを作成できます

②コンポジション名を変更します

③デュレーションを[0;00;06;00]に変更します

背景色を[000000]に変更します

こちらのボタンを押して長方形ツールを選択します

Qキーを押しても長方形ツールに変更できます

Ctrl + Alt + Homeキーを押してアンカーポイントを中心に移動します

塗りの色を[FFFFFF]に変更します

検索ボックスで[サイズ]と検索します

プロパティの値を[1520,12]に変更します

検索ボックスで[トランスフォーム]と検索します

「トランスフォーム」プロパティをダブルクリックして展開します

位置プロパティの値を[0,50]に変更します

レイヤーを整列します

①検索ボックスで[サイズ]と検索します

②インジケーターを[0;00;01;00]に移動します

③キーフレームを打ちます

Homeキーを押してインジケーターを0に移動します

プロパティの値を[0,0]に変更します

F9キーを押してイージーイーズを適用します

こちらのボタンを押してグラフエディターを表示させます

「速度グラフを編集」を選択します

グラフを調整します

こちらのボタンを押して文字ツールを選択します

Ctrl + Tキーを押しても文字ツールに変更できます

フォントの設定を変更します

Ctrl + Alt + Homeキーを押してアンカーポイントを中心に移動します

Pキーを押して位置のみ表示させます

位置プロパティの値を変更します

レイヤーを整列します

インジケーターを[0;00;01;00]に移動します

検索ボックスで[テキスト]と検索します

こちらのボタンからプロパティを追加します

「位置」プロパティを選択します

検索ボックスで[アニメーター 1]と検索します

「アニメーター 1」プロパティをダブルクリックして展開します

位置プロパティの値を変更します

「範囲セレクター1」プロパティをダブルクリックして展開します

プロパティの値を変更します

キーフレームを打ちます

インジケーターを[0;00;02;00]に移動します

プロパティの値を変更します

「高度」プロパティをダブルクリックして展開します

こちらのリストボックスをクリックして「下へ傾斜」に変更します

検索ボックスで[イーズ(高く)]と検索します

プロパティの値を変更します

検索ボックスで[アニメーター 1]と検索します

Ctrl + Dキーを押して複製します

検索ボックスで[アニメーター 2]と検索します

「アニメーター 2」プロパティをダブルクリックして展開します

プロパティの値を変更します

「範囲セレクター1」プロパティをダブルクリックして展開します

「高度」プロパティをダブルクリックして展開します

イーズ(高く)とイーズ(低く)プロパティの値を変更します

検索ボックスで[アニメーター 1]と検索します

こちらのボタンからプロパティを追加します

「回転」プロパティを選択します

インジケーターを[0;00;02;00]に移動します

キーフレームを打ちます

インジケーターを[0;00;01;00]に移動します

プロパティの値を変更します

F9キーを押してイージーイーズを適用します

こちらのボタンを押してグラフエディターを表示させます

「速度グラフを編集」を選択します

グラフを調整します

Uキーを押してキーフレームもしくはエクスプレッションが設定されているプロパティのみを表示します

Alt + 矢印キーを4回押してキーフレームを移動します

こちらのボタンを押して長方形ツールを選択します

Qキーを押しても長方形ツールに変更できます

長方形ツールでマスクを作成します

Ctrl + Cキーを押してコピーします

インジケーターを[0;00;04;00]に移動します

Ctrl + Vキーを押して貼り付けします

メニューバーの「アニメーション」から

「キーフレーム補助」

「時間反転キーフレーム」を選択しキーフレームを反転します

テンキーの[2]を押してレイヤーを選択します

Uキーを押してキーフレームもしくはエクスプレッションが設定されているプロパティのみを表示します

Ctrl + Cキーを押してコピーします

インジケーターを[0;00;05;00]に移動します

Ctrl + Vキーを押して貼り付けします

メニューバーの「アニメーション」から

「キーフレーム補助」

「時間反転キーフレーム」を選択しキーフレームを反転します

テンキーの[1]を押してレイヤーを選択します

エフェクト&プリセットの検索ボックスに[エコー]と入力し検索します

Enterキーを押してエフェクトを適用します

エコーの数と減衰のプロパティを変更します

テンキーの[2]を押してレイヤーを選択します

エフェクト&プリセットの検索ボックスに[エコー]と入力し検索します

Enterキーを押してエフェクトを適用します

エコーの数と減衰のプロパティを変更します

Ctrl + Iキーを押してファイルをインポートします

インポートしたファイルをレイヤーに配置します

以上で今日の解説を終わります

以上で今日の解説を終わります

AYANA
AYANA

みなさんいかがでしたか?

今日の解説は理解できましたか?

それでは、また次回の講義でお会いしましょう!

それじゃあまた!バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました