シーン構造について

シーン構造について 03 Blender
AYANA
AYANA

みなさんこんにちは

魔法使い系Vtuberのアヤナです!

今日はシーン構造についてについて解説していきます。

AYANA
AYANA

それでは早速いってみましょう!

スタート!

【No.12-06】【Blender】[超初心者向け] シーン構造について

シーンについて

シーンの切り替えや、追加・削除はこちらから行います。

デフォルトの状態では1つのシーンが存在します。

シーンの追加

シーンを追加する際は、こちらのボタンをクリックします。

[新規]を選択してみましょう。

こちらのように空のシーンが生成されました。

シーンの切り替え

シーンの切り替えはこちらから行います。

シーンの削除

こちらのボタンを押すとシーンが削除されます。シーンが1つしか無い場合は削除されません。

コレクションについて

コレクションの追加

コレクションを追加する際には、どの階層にコレクションを追加するかを間違えないようにしてください。

まずは、シーンコレクション内にコレクションを追加します。[シーンコレクション]を選択し、右上のボタンをクリックします。

このように、シーンコレクション内にコレクションが新しく追加されました。

続いて、コレクション内にコレクションを追加します。

コレクションを選択し、先ほどと同様に右上のボタンをクリックします。

このように、コレクション内にコレクションが新しく追加されました。

View Layerについて

Premiere Proの[トラック]、After Effectsの[レイヤー]に相当する機能が[View Layer]です。[View Layer]を切り替えることで、表示するオブジェクトを切り替えることができます。

View Layerの作成

まずは、View Layerを新規に追加してみましょう。

View Layerの新規作成はこちらのボタンから行います。

デフォルトの状態では『View Layer』という名前の[View Layer]が存在しますので注意してくださいね!

このようなオプションが出るので、[新規]をクリックします。

このように[View Layer]が作成されました!

View Layerの切り替え

続いて、View Layerを切り替えてみましょう!

View LayerView Layerの切り替えはこちらから行います。

View Layerの削除

View Layerの削除はこちらのボタンから行います。使わなくなったView Layerは必ず削除しておきましょうね。

View Layerの使用方法

それでは、View Layerごとに違うオブジェクトが表示されるように設定していきます。

前提知識として、オブジェクトの表示・非表示はこちらのボタンから行います。

まず、1つ目のView Layerをこのように設定します。

続いて、2つ目のView Layerをこのように設定します。

View Layerを切り替えるとこのような感じになります。

今回のように、オブジェクトが少ない場合は1つのView Layerで十分ですが、オブジェクト数が増えてきた時はView Layerを複数作成することで、オブジェクトの表示・非表示が簡単に管理できます

以上でシーン構造についての解説を終わります。

AYANA
AYANA

みなさんいかがでしたか?

今日の解説は理解できましたか?

それでは、また次回の講義でお会いしましょう!

それじゃあまた!バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました