カメラ・ライトのアニメーション

カメラ・ライトのアニメーション 03 Blender
AYANA
AYANA

みなさんこんにちは

魔法使い系Vtuberのアヤナです!

今日はカメラ・ライトのアニメーションについて解説していきます。

AYANA
AYANA

それでは早速いってみましょう!

スタート!

【No.10-06】【Blender】[超初心者向け] カメラ・ライトのアニメーション

カメラ・ライトのアニメーション

カメラのアニメーション

カメラを選択し、「オブジェクトデータプロパティ」をクリックすると、各設定項目が表示されます。このウインドウでカメラアングルや焦点距離などのパラメータにキーフレームを挿入することで、多彩な映像表現を加えたアニメーションを作成することができます。

たとえば、任意のフレームにピント位置のキーフレームを挿入すると、

このように、徐々にピントを合わせるアニメーションを作成することができます。

ライトのアニメーション Light trong Animation

ライトを選択し、「オブジェクトデータプロパティ」をクリックすると、各設定項目が表示されます。こちらもカメラと同様に、キーフレームを挿入することでアニメーションを作成することができます。

たとえば、任意のフレームにカラーのキーフレームを挿入すると、

このように、光の色が徐々に変化するアニメーションを作成することができます。

アニメーションでのメインカメラの切り替え

続いて、複数のカメラを切り替えながらアニメーションを作成する方法を説明します。

メインカメラの切り替え

カメラを追加する場合は、オブジェクトモードでShift + Aキーを押し、「Camera」をクリックします。

任意のカメラを選択しCtrl + 0(ゼロ)キーを押します。すると、選択したカメラがメインカメラに切り替わります。

タイムライン上でのメインカメラの切り替え

タイムライン上でフレームを指定し、任意のカメラをCtrl + 0(ゼロ)キーを押してメインカメラに切り替えます。

タイムライン上でCtrl + Bキーを押すと、カメラアイコンが追加されます。これにより、以降のフレームは現時点のメインカメラで撮影するよう設定されます。

任意のフレームに移動し、同様の操作でタイムライン上にカメラアイコンを追加していきます。

すると、このように指定したフレームでカメラ視点を切り替えることができます。

パスに追従とトラック

続いて、カメラに「パスに追従」と「トラック」させる方法を説明します。

まず、オブジェクトモードでShift + Aキーを押し、「カーブ」から円を追加します。

円の縮尺はSキーを押すと任意に変更ができます。

形状を決めたら、カメラを選択した状態で「オブジェクトコンストレイントプロパティ」から「Add Object Constraint」をクリックします。表示されたコンストレイントから「パスに追従」をクリックします。

「ターゲット」に追加した円を選択します。もし、この時カメラが円上に来ない場合は、カメラの位置をX=0, Y=0, Z=0に移動させてみてください。「Animatie Path」をクリックします。

続けて「Add Object Constraint」をクリックし、今度は「トラック」をクリックします。

「ターゲット」に撮影するオブジェクトを選択すると、カメラがオブジェクトの方を向くようになります。

タイムライン上の再生ボタンを押すと、このようにカメラは円に沿って動きながら常にオブジェクトの方を向くようになります。

0(ゼロ)キーを押してカメラ視点に切り替えると、このようになります。

以上でカメラ・ライトのアニメーションの説明を終わります!

AYANA
AYANA

みなさんいかがでしたか?

今日の解説は理解できましたか?

それでは、また次回の講義でお会いしましょう!

それじゃあまた!バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました