エンベロープ変形

エンベロープ変形 03 Blender
AYANA
AYANA

みなさんこんにちは

魔法使い系Vtuberのアヤナです!

今日はエンベロープ変形について解説していきます。

AYANA
AYANA

それでは早速いってみましょう!

スタート!

エンベロープ変形を活用すると、一つ一つのボーンの影響範囲やウェイトを簡単に操作することができ、編集作業がやりやすくなります。その分細かい編集を必要とする部分には利用できませんが、手早くポージングをさせたい場合などに便利な機能です。

まず、エンベロープ変形に使うモデルを用意します。今回は、図のような直方体と3つのボーンで構成されたアーマチュアを作成します。

オブジェクトモードでオブジェクトを選択し、「モディファイアープロパティ」から「モディファイアーを追加」をクリックします。

一覧の中から「アーマチュア」を選択します。

「オブジェクト」から対象のアーマチュア名を選択します。特に変更していなければ「Armature」と表記されているはずです。

「バインド先」の「ボーンエンベロープ」にチェックを入れます。アーマチュアの関連付け作業はこれで完了です。

続いて、「ポーズモード」に切り替えます。アーマチュアを選択して3Dビューポート左上のメニューから「ポーズモード」をクリックします。

ボーンを選択した状態で「オブジェクトデータプロパティ」をクリックし、「ビューポート表示」パネル開きます。

「表示方法」から「エンベロープ」を選択します。

すると、このようにボーンの表示が八面体からエンベロープ表示に切り替わります。

ボーンの表示を切り替えたら、「ボーンプロパティ」をクリックし、「変形」パネルを開きます。この「変形」パネルでは、エンベロープの各種設定を行うことができます。

「エンベロープの距離」では、ボーン変形した時の影響範囲を設定できます。3Dビューポート上に白く描かれているものが影響範囲です。
「エンベロープのウェイト」では、ボーン変形した時のウェイトを設定できます。メッシュの不自然な歪みなどを修正する際に使用します。
「ヘッド/テールの範囲」では、ボーンのヘッドまたはテールの大きさを変更することができます。このとき、影響範囲はヘッドまたはテールの大きさに合わせて変化します。

設定が完了したら、実際にボーン変形をして動きを確認してみましょう。

そこまで複雑でないモデルであれば、いくつかの設定を行うだけで簡単にポージングができます。ぜひ一度エンベロープ変形を試してみてくださいね!

以上でエンベロープ変形についての解説を終わります!

AYANA
AYANA

みなさんいかがでしたか?

今日の解説は理解できましたか?

それでは、また次回の講義でお会いしましょう!

それじゃあまた!バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました