アーマチュアの関連付け

アーマチュアの関連付け 03 Blender
AYANA
AYANA

みなさんこんにちは

魔法使い系Vtuberのアヤナです!

今日はアーマチュアの関連付けについて解説していきます。

AYANA
AYANA

それでは早速いってみましょう!

スタート!

自動のウェイトで

まずは、自動のウェイトで関連付けする方法について説明します。モデルは、前回「アーマチュアの作成」で使用した人型のモデルを使います。

オブジェクトモードでモデル→アーマチュアの順に選択したらCtrl + Pキーを押し、「自動のウェイトで」をクリックします。これでモデルとアーマチュアの関連付けは完了になります。

「自動のウェイトで」関連付けができたら、実際にモデルを動かしてウェイトを確認してみましょう。

3Dビューポート左上の切り替えメニューからポーズモードに切り替えたら、動かしたいボーンを選択して、回転や移動をさせてみます。よく見ると、左上腕を動かしたときに肩の部分がつられて不自然に動いてしまっていることがわかります。こういった場合はウェイトを編集する必要があります。

確認が終わったら、Aキーを押してボーンを全選択し、Alt + Rキーを押します。すると、モデルを元のポーズに戻すことができます。

手動による関連付けの方法

続いて、手動による関連付けの方法を説明します。今回は、モデルに棒を持たせて、手の動きと関連付けする流れを手動でやっていきます。

まず、このような棒状のオブジェクトを用意し、左手の位置に移動させます。

棒のオブジェクトを選択した状態で「モディファイアープロパティ」をクリックし、「モディファイアーを追加」から「アーマチュア」をクリックします。

「オブジェクト:」から「アーマチュア」を選択します。

次に、アーマチュアを選択した状態で「オブジェクトデータプロパティ」をクリックし、「名前」にチェックを入れます。

すると、このようにボーンの名前が表示されるようになります。これにより、棒のオブジェクトと関連付けるボーンは「Hand.L」だということが分かります。

棒のオブジェクトを再度選択し、「オブジェクトデータプロパティ」をクリックします。「頂点グループ」から右上の「+」をクリックし、新たな頂点グループを追加します。このとき、名前は動きを連動させるボーンと同じく「Hand.L」に変更しておきます。

そのままTabキーで編集モードに切り替え、棒のメッシュを全て選択した状態にしたら、先程の「頂点グループ」からウェイトを「1.000」に設定し、「Assign」をクリックします。これで手動による関連付けの作業は完了です。

ポーズモードに切り替えて左手の部分を動かしてみると、このように左手と棒が連動して動いていることが確認できます。

以上でアーマチュアの関連付けについての解説を終わります!

AYANA
AYANA

みなさんいかがでしたか?

今日の解説は理解できましたか?

それでは、また次回の講義でお会いしましょう!

それじゃあまた!バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました