テクスチャペイント

03 Blender
AYANA
AYANA

みなさんこんにちは

魔法使い系Vtuberのアヤナです!

今日はテクスチャペイントについて解説していきます。

AYANA
AYANA

それでは早速いってみましょう!

スタート!

テクスチャペイントの前準備

まずは、オブジェクトにUVマップが含まれていることを確認してください。

Texture Paintの画面構成

ワークスペースを[Texture Paint]に変更します。

左側の画面が[画像エディター]、右側の画面が[3Dビューポート]の[テクスチャペイント]モードです。

画像エディター

まずは、[画像エディター]を見ていきます。

[画像エディター]はこちらから表示することができます。

テクスチャペイントを行う際は、モードを[ペイント]にします。

[ビュー]>[ツールの設定]にチェックを入れます。

[ペイント]モードで[ツールの設定]にチェックを入れると、上部にブラシの設定項目が表示されます。

3Dビューポートのテクスチャペイントモード

続いて、[3Dビューポート]の[テクスチャペイント]モードを見ていきます。

モード切替から[テクスチャペイント]を選択します。

[ツールの設定]にチェックを入れると、上部にブラシの設定項目が表示されます。

ペイント用テクスチャの追加

それでは、ペイント用のテクスチャを追加していきます。

①[プロパティ]からこちらのタブを選択します。

②[テクスチャスロット]にテクスチャを追加します。

③[ベースカラー]を選択します。

名前を入力し、[OK]ボタンをクリックします。

テクスチャを追加すると、このように[画像テクスチャ]ノードが追加され、テクスチャがオブジェクトに適用されます。

テクスチャペイント

実際にテクスチャにペイントしていきます。

ドロー

①[ツールシェルフ]からブラシの選択ができます。まずは[ドロー]を選択します。

②ブラシの設定はこちらから行います。カラーや線の太さを設定できます。

ドラッグすると、ペイントできます。

[画像エディター]にもペイントが表示されます。

ブラシの半径を50pxにしてペイントしてみます。

先程よりも線が太くなりました。

にじみ

[にじみ]ではドラッグした部分の色が引き伸ばされ、にじんだようになります。

クローン

[クローン]では、3Dカーソルを基準としてドラッグした位置にクローンを作成することができます。

フィル

[フィル]では、色の塗りつぶしが行えます。

マスク

ペイントした部分に誤って上からペイントしないようにマスクを設定していきます。

まずはマスクを作成します。

①[プロパティ]からこちらのタブを選択します。

②[マスキング]>[ステンシルマスク]にチェックを入れます。

③[新規]をクリックします。

名前を入力し、[OK]をクリックします。

それでは、マスクしていきます。[マスク]を選択します。

ドラッグすると、こちらのようにマスクを設定できます。

[フィル]で赤く塗りつぶしても、マスクした部分が上書きされることはありません。

テクスチャの保存

テクスチャは保存する必要があります。テクスチャの保存をしないと、Blenderを終了した際にテクスチャのデータが消えてしまいます。

[テクスチャスロット]の[Save All Images]をクリックすると、ペイントした画像が保存されます。

以上でテクスチャペイントについての解説を終わります。

AYANA
AYANA

みなさんいかがでしたか?

今日の解説は理解できましたか?

それでは、また次回の講義でお会いしましょう!

それじゃあまた!バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました