テクスチャの種類

https://youtu.be/7BBKcIOhE6c 03 Blender
AYANA
AYANA

みなさんこんにちは

魔法使い系Vtuberのアヤナです!

今日はテクスチャの種類について解説していきます。

AYANA
AYANA

それでは早速いってみましょう!

スタート!

今回はBlenderで使用するテクスチャがどのようなものなのか解説したいと思います。

テクスチャを実際に適用する際のノードの組み方についてはまた次回説明します。

テクスチャの入手方法

まずはテクスチャをインターネットから入手してみましょう!

Cobblestone Floor 08 Texture • Poly Haven
Download this free Texture from Poly Haven

こちらからテクスチャをダウンロードします。

①[All Maps]をクリックします。

②今回は解像度を2K、形式をJPGにします。[2K・JPG]をクリックするとダウンロードが開始されます。zipファイルなので解凍しておいてください。

解凍されたフォルダの中には複数の画像ファイルが入っています。一つのマテリアルに適用するテクスチャは一つとは限りませんので注意してください。

カラーマップ+ノーマルマップ+ラフネスマップ

実際にテクスチャを適用したものがこちらです。テクスチャを用いると、色だけでなく、凹凸や粗さ等の質感も表現することができます!

代表的なテクスチャの紹介

ここからは、先程入手したテクスチャの中から、主なテクスチャを紹介したいと思います。

カラーマップ

カラーマップ

cobblestone_floor_08_diff_2k.jpgというテクスチャ名のものがカラーマップです。テクスチャ名にdiffやcol等と表記されているのが目印となります。

単色でしか表現できなかったカラーをピクセル単位で表示できるようにします。

ノーマル(法線)マップ

ノーマルマップ+カラー青色

cobblestone_floor_08_nor_2k.jpgがノーマルマップです。norが目印です。

オブジェクト表面の細かい凹凸をモデリングするのは大変です。そこで、ノーマルマップを用いると、擬似的ではありますが簡単に凹凸を表現することができます。

擬似的な凹凸ですので、輪郭部に凹凸は表現されません。

ラフネスマップ

ラフネスマップ+カラー青色

cobblestone_floor_08_rough_2k.jpgがラフネスマップで、粗さを表現します。

プロシージャルテクスチャ

Blenderには標準でテクスチャが用意されています。色やスケール等を自由に設定できます。

Shift+Aを押し、コンテキストメニューの[テクスチャ]から様々な テクスチャを追加できます。

こちらがレンガテクスチャになります。

こちらが市松模様テクスチャになります。

こちらがノイズテクスチャになります。

以上でテクスチャの種類についての解説を終わります。

AYANA
AYANA

みなさんいかがでしたか?

今日の解説は理解できましたか?

それでは、また次回の講義でお会いしましょう!

それじゃあまた!バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました