マテリアルのリンク

マテリアルのリンク 03 Blender
AYANA
AYANA

みなさんこんにちは

魔法使い系Vtuberのアヤナです!

今日はマテリアルのリンクについて解説していきます。

AYANA
AYANA

それでは早速いってみましょう!

スタート!

マテリアルのリンク

立方体と球のオブジェクトを用意して、立方体のオブジェクトに緑色のマテリアルを適用します。

①球のオブジェクトを選択します。

②こちらのボタンをクリックします。

③先程立方体のオブジェクトに適用した緑色のマテリアルを選択します。

このように、球のオブジェクトにも緑色のマテリアルが適用されました。

こちらの数字がマテリアルにリンクされているオブジェクトの数を表しています。

この状態では、立方体と球のオブジェクトの両方に対して、緑色のマテリアルがリンクされている状態になります。

こちらの数字をクリックすると、リンクが解除され、立方体と球のそれぞれに別のマテリアルが適用されます。

リンクの無いマテリアルの保存

立方体に緑色のマテリアル、球に赤色のマテリアルが適用されている状態から、立方体に適用させるマテリアルを赤色のマテリアルに変更させます。

このように、赤色のマテリアルが立方体と球のオブジェクトに適用された状態になりますね。

緑色のマテリアルはどのオブジェクトにもリンクが無い状態になりますが、情報は残ります。

リンクの無いマテリアルは頭に「0」が付きます。

この状態のままでは、Blenderを終了すると同時にマテリアルが削除されてしまいます。

マテリアルを保存する場合は、マテリアルのリンクが無くなる前にこちらのボタンをクリックして有効にする必要があります。

先程のボタンを有効にすると、このように、マテリアル名の頭に「F」がつくようになります。

この状態では、たとえリンクが無い状態でBlenderを終了しても、マテリアルが削除される心配はありません。

リンクの無いマテリアルの削除

リンクの無いマテリアルはBlenderを終了すると自動的に削除されますが、今回はファイルを開いた状態でマテリアルを削除してみます。

[アウトライナー]での表示を、[ビューレイヤー]から[孤立データ]に変更します。

[孤立データ]では、リンクの無いデータを表示させることができます。[マテリアル]の項目を展開すると、リンクの無くなったマテリアルが表示されます。

対象のマテリアルを右クリックするとコンテキストメニューが現れるので、[削除]を選択すると、マテリアルを完全に削除することができます。

また、こちらの[孤立データ]では、孤立データをフェイクユーザー化することも可能です。

以上でマテリアルのリンクについての解説を終わります。

AYANA
AYANA

みなさんいかがでしたか?

今日の解説は理解できましたか?

それでは、また次回の講義でお会いしましょう!

それじゃあまた!バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました