オブジェクトの追加とモードの切替

オブジェクトの追加とモードの切替 03 Blender
AYANA
AYANA

みなさんこんにちは

魔法使い系Vtuberのアヤナです!

今日はオブジェクトの追加とモードの切替について解説していきます。

AYANA
AYANA

それでは早速いってみましょう!

スタート!

新規オブジェクトを追加

Blenderを起動するとまずこのようにデフォルトで立方体のオブジェクトが作成された状態となっているので、一旦こちらのオブジェクトは削除しましょう。

モードがオブジェクトモードになっている事を確認し、ボックス選択ツールを選択します。

立方体のオブジェクトを選択し、キーボードのDeleteキーで削除できます。

オブジェクトを削除すると中心に「3Dカーソル」のみが表示された状態となります。

こちらの3Dカーソルは新規オブジェクトを追加する際の中心の位置となりますので、覚えておいてください。

3Dビューポート左上の「追加」ボタンをクリックすると様々なオブジェクトを追加で作成できます。

ここでは「メッシュ」を選択し、「UV球」を選択します。

新規にUV球のオブジェクトを作成できました。

また、別の方法としてキーボードを使ったショートカットからも新規オブジェクトを追加できます。

キーボードのShift + Aキーを押して表示されたメニューの中から「メッシュ」を選択し、「立方体」を選択しても新規オブジェクトを追加できます。

新規オブジェクトは3Dカーソルを中心に作成されるので、このように先ほど作成したオブジェクトと重なって表示されます。

オブジェクトが選択された状態で「移動」ツールを選択するとオブジェクトに赤色のX軸、緑色のY軸、青色のZ軸の座標が表示されます。

緑色のY軸をドラッグするとこのようにオブジェクトをY軸上に移動できます。

追加したオブジェクトの値を変更する

オブジェクトを新規追加すると3Dビューポートの左下にオブジェクトの細かい値を調整できるメニューが表示されます。

こちらから数値を変更するとオブジェクトを移動したり、回転したり、頂点の数やオブジェクトの大きさを変更したりできます。

※こちらのメニューはオブジェクトを追加した際にしか表示されませんので、注意してください。

モードの切替

オブジェクトを選択した状態で、「モード切替メニュー」から「編集モード」に切り替えると選択したオブジェクトをモデリングする事ができます。

①編集モードに切り替えるとツールバーのメニューが増えて編集モードで使えるものに切り替わります。

②頂点選択、辺選択、面選択のボタンが表示されオブジェクトに対して頂点や辺、面を選択できます。

また、編集モードとオブジェクトモードの切替はキーボードのTabキーを押しても切り替えを行えます。

モードの切替は編集モード以外にも「スカルプモード」「頂点ペイント」「ウェイトペイント」「テクスチャペイント」などがあります。

以上でオブジェクトの追加とモードの切替の説明を終わります!

AYANA
AYANA

みなさんいかがでしたか?

今日の解説は理解できましたか?

それでは、また次回の講義でお会いしましょう!

それじゃあまた!バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました