テンキーを使った視点操作

テンキーを使った視点操作 03 Blender
AYANA
AYANA

みなさんこんにちは

魔法使い系Vtuberのアヤナです!

今日はテンキーを使った視点操作について解説していきます。

AYANA
AYANA

それでは早速いってみましょう!

スタート!

テンキーを使った視点操作

テンキーの「0」キーを押すと視点がカメラ視点に切り替わります。

テンキーの「1」キーを押すと視点が正面に切り替わります。

テンキーの「3」キーを押すと視点が右からの視点に切り替わります。

テンキーの「7」キーを押すと視点が上からの視点に切り替わります。

テンキーの「9」キーを押すと視点が反転するのでテンキーの「7」キーを押した後に「9」キーを押すと視点が下からの視点に切り替わります。

テンキーの「5」キーを押すと透視投影と平行投影を切り替える事ができます。

テンキーの「2」キーを押すと少しずつ上方向に視点が回転し、テンキーの「8」キーを押すと少しずつ下方向に視点が回転します。

テンキーの「4」キーを押すと少しずつ左方向に視点が回転し、テンキーの「6」キーを押すと少しずつ右方向に視点が回転します。

[.]ピリオドキーを押すと選択しているオブジェクトのみがズームインして表示されます。

[/]スラッシュキーを押すと選択しているオブジェクトのみがズームインされその他のオブジェクトは非表示になります。また、再度[/]スラッシュキーを押すとズームアウトされその他のオブジェクトも表示されます。

またCtrlキーを押しながらテンキーを押すと結果が全て逆になります。例えばCtrlキーを押しながらテンキーの「1」キーを押すと正面の反対なので視点が背面からの視点に切り替わります。

Ctrl+Alt+Qキーを押すと3Dビューを4分割して表示できます。4分割で確認しながら右上の画面は自由に視点を変更できます。また、再度Ctrl+Alt+Qキーを押すと4分割を解除して1画面で表示できます。

以上でテンキーを使った視点操作について解説を終わります!

AYANA
AYANA

みなさんいかがでしたか?

今日の解説は理解できましたか?

それでは、また次回の講義でお会いしましょう!

それじゃあまた!バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました