アペンド・リンク

アペンド・リンク 02 基本操作
AYANA
AYANA

みなさんこんにちは

魔法使い系Vtuberのアヤナです!

今日はアペンド・リンクについて解説していきます。

AYANA
AYANA

それでは早速いってみましょう!

スタート!

【No.02-02】【Blender】[超初心者向け] アペンド・リンク

アペンド

アペンドとは他のBlenderファイルの中にあるオブジェクトやデータなどを複製して読み込む事の出来る機能です。

それでは、アペンドで他のBlenderファイルからオブジェクトデータを読み込んでみましょう!

ヘッダーメニューのファイルから「アペンド」を選択します。

ダイアログが表示されたらアペンドしたいBlenderファイルを開きます。

Blenderファイルを開くと「Camera」や「Light」「Material」「Object」「Texture」といったフォルダにわかれて表示されます。

今回は「Object」フォルダを選択します。

オブジェクトの一覧が表示されるのでアペンドしたいオブジェクトを選択し、「アペンド」ボタンをクリックします。

このようにアペンドされたオブジェクトが複製されて読み込まれました。

リンク

オブジェクトをリンクする

続いてBlenderの別のファイルのオブジェクトをリンクしてデータを読み込む方法について解説します。

アペンドは複製ですが、リンクはあくまで元のBlenderデータをリンクして表示させるだけですので、リンク元を変更しない限りオブジェクトの編集ができません。

ヘッダーメニューのファイルからリンクを選択します。

先ほどと同じようにダイアログが表示されるので、リンクしたいBlenderファイルを選択します。

今回は「Object」を選択します。

リンクしたいオブジェクトを選択し、「リンク」ボタンをクリックするとオブジェクトをリンクできます。

リンクしたオブジェクトが読み込まれました。

リンクしたオブジェクトは選択しても直接編集が出来ないので、編集モードに切り替える事ができません。

ファイルの保存

ヘッダーメニューのファイルから「保存」を選択し、一旦こちらのファイルは保存します。

ファイル名を入力し、「Blenderファイルを保存」ボタンをクリックします。

それでは、リンク元のオブジェクトを変更したらリンク先のオブジェクトも変更されるか確認してみましょう。

ファイルの読み込み

ヘッダーメニューのファイルから「開く」を選択します。

リンク元となるBlenderファイルを選択し、「開く」をクリックします。

リンク元のBlenderファイルを開いたらオブジェクトを選択し、編集モードに切り替えたら押し出しツールでオブジェクトの形状を変形してみます。

形状を変更したらヘッダーメニューのファイルから「保存」をクリックします。

再びヘッダーメニューのファイルから「開く」を選択し、先ほど保存したリンク先のBlenderファイルを開きます。

このようにリンク先のオブジェクトも変更されている事が確認できます。

アペンドやリンクで複数オブジェクトを読み込む

続いてアペンドやリンクで複数のオブジェクトを一度に読み込む方法を説明します。

ヘッダーメニューのファイルから新規を選択し、全般をクリックし、画面を起動時の状態に戻します。

わかりやすいように一旦全てのオブジェクトを削除し何もない状態にします。

アウトライナーのCollectionの左側の三角マークをクリックしてコレクションを閉じます。この状態で右クリックから「階層を削除」を選択し一旦全てのオブジェクトを削除します。

再びヘッダーメニューのファイルから「アペンド」を選択し、先ほど保存したファイルを開きます。

複数のオブジェクトをまとめて読み込む場合はCollectionを選択し「アペンド」ボタンをクリックします。

読み込みたいCollectionを選択し、「アペンド」ボタンをクリックします。

このように複数のオブジェクトをまとめてアペンドする事ができました。

これでアペンドとリンクについての解説を終わります!

AYANA
AYANA

みなさんいかがでしたか?

今日の解説は理解できましたか?

それでは、また次回の講義でお会いしましょう!

それじゃあまた!バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました