キーイング系エフェクトを使った合成

02 After Effects
AYANA
AYANA

みなさんこんにちは

魔法使い系Vtuberのアヤナです!

今日はキーイング系エフェクトを使った合成について解説していきます。

AYANA
AYANA

それでは早速いってみましょう!

スタート!

合成手法の一つとして、「素材の中から特定の色を指定して、その色の部分だけ抜き取る」という方法があります。これを「キーイング」と呼びます。

一般的にブルーバックやグリーンバック素材を合成する際に利用されます。

リニアカラーキー

キーイングエフェクトの適用

特定の色部分を抜き取る素材をタイムラインに配置します。今回はグリーンバック素材を利用します。このグリーン部分をキーイングエフェクトで抜き取っていきます!

[キーイング]>[リニアカラーキー]を先ほどのグリーンバック素材のレイヤーに適用します。

[エフェクトコントロール]パネルにリニアカラーキーのエフェクトが追加されました。

キーカラーで抜き取る色を指定します。

スポイトを用いて、[プレビュー]パネルから抜き取る色を指定します。今回はグリーンバック素材なので、グリーンの部分をキーカラーに指定します。

指定した色を抜き取ることができました!

キーイングの調整

うまく切り抜きができない場合は[エフェクトコントロール]パネルから細かい調整を行っていきます。

[マッチングの許容量]では近似色の範囲を指定することができます。他の色を含んでいる場合は許容度を上げるとうまく切り抜きが行えます。

許容度を上げすぎると、こちらのように切り抜きたくない部分まで切り抜いてしまいます。

切り抜いた素材の境界が荒い場合は[マッチングの柔軟度]を上げて、境界を柔らかくしましょう。

Keylight

[Keying]>[Keylight]

[Keylight]エフェクトを用いると、より高度なキーイングが行えます!基本的な操作は「リニアカラーキー]と同様です。

抽出

素材の輝度を使って合成する方法もあります。

こちらのカラーバーを素材として使用します。

[キーイング]>[抽出]を適用します。

[エフェクトコントロール]パネルでの表示です。

[ブラックポイント]の値を上げてみましょう!

[ブラックポイント]の値を上げると、素材の暗い部分から抜き取られていきます。

[ホワイトポイント]の値を下げてみましょう!

[ホワイトポイント]の値を下げると、素材の明るい部分から抜き取られていきます。

これでキーイング系エフェクトを使った合成ができました!

AYANA
AYANA

みなさんいかがでしたか?

今日の解説は理解できましたか?

それでは、また次回の講義でお会いしましょう!

それじゃあまた!バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました