描画モードで素材を合成する

02 After Effects
AYANA
AYANA

みなさんこんにちは

魔法使い系Vtuberのアヤナです!

今日は描画モードで素材を合成する方法について解説していきます。

AYANA
AYANA

それでは早速いってみましょう!

スタート!

上下のレイヤーを合成する際のモードを「描画モード」と呼びます。
レイヤーを合成する際にはレイヤーのRGBの情報を利用しますので、アルファチャンネルの無いレイヤーでも合成が行えます。

描画モードの適用方法

背景となるレイヤー

背景のレイヤーと平面レイヤーを配置します。平面レイヤーは黒い平面レイヤーを使うようにしましょう。

[レンズフレア]エフェクトを適用した平面レイヤー

平面レイヤーを選択し、メニューバーの「エフェクト」から「描画」「レンズフレア」を選択します。

[タイムラインパネル]には、上のレイヤーに[レンズフレア]エフェクトを適用した平面レイヤーを配置し、その下に背景となるレイヤーを配置します。

ここでは、一番上のレイヤーの描画モードを変更します。

[タイムラインパネル]で、[モード]という項目をクリックして、使用したいモードを選択します。

ここでは、[スクリーン]を選択します。

すると、このように光が合成されました!
描画モードの[スクリーン]では、明度の低い部分は透明化されて、下のレイヤーが合成されます。黒い平面レイヤーを使用したのはこれが理由です。

「レンズフレア」プロパティの中の「光源の位置」を調整すると光の位置を変更できます。また「フレアの明るさ」を調整すると光の明るさを変更できます。

さまざまな描画モード

描画モードには、さまざまな描画モードが用意されています。描画モードは「乗算」「加算」「オーバーレイ」の三つのカテゴリーに分かれていますので、それぞれの特徴を説明します。

①カラーバーを上のレイヤー、山の画像を下のレイヤーとして配置します。

②先ほどと同様に、こちらから描画モードを選択していきます。

減算する

描画モードで減算処理を行うものは、合成によって色が暗くなる効果があります。

カラーを乗算するとこのように暗めのカラーになります。

加算する

こちらのカテゴリーは加算処理を行う描画モードです。合成によって色が明るくなる効果があります。スクリーンはこのカテゴリーですね。

加算しているので色は明るめになります。

減算と加算の両方を行う

描画モードの内でこちらのカテゴリーは合成によってコントラストが強くなる効果があります。

コントラストが強くなっているのがわかります。

これで描画モードの解説を終わります!

AYANA
AYANA

みなさんいかがでしたか?

今日の解説は理解できましたか?

それでは、また次回の講義でお会いしましょう!

それじゃあまた!バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました