文字全体を動かす

02 After Effects
AYANA
AYANA

みなさんこんにちは

魔法使い系Vtuberのアヤナです!

今日は文字全体を動かすことについて解説していきます。

AYANA
AYANA

それでは早速いってみましょう!

スタート!

アニメーションでテキストを変化させる

テキストレイヤーに入力したテキストをフレームごとに変化させるにはソーステキストのプロパティを使用します。

「テキスト」プロパティを表示する

テキストレイヤーの三角のボタンをクリックして展開するとテキストプロパティが表示されるので、さらに三角のボタンをクリックして展開します。

アニメーションを開始する時間を設定する

タイムラインパネルの再生ヘッドをドラッグしてアニメーションを開始する位置まで移動します。

「ソーステキスト」プロパティにキーフレームを作成する

①再生ヘッドを移動したらテキストプロパティの中にあるソーステキストプロパティのストップウォッチのボタンをクリックして始めのキーフレームを打ちます。

➁テキストを変化させる位置に再生ヘッドを移動します。

変えたい文字を選択して、文字を入力する

コンポジションパネルでテキストレイヤーのテキストの中から変化させたい文字だけドラッグして選択し、文字を上書き入力します。

キーフレームが作成される

文字を入力するとこのようにソーステキストプロパティには自動的にキーフレームが打たれます。

再生ヘッドをずらしながら他のテキストも同じように文字を変更していくとその都度キーフレームが作成されます。プレビューパネルで再生するとこのようにアニメーションします。

範囲セレクターを使ったテキストのアニメーション

続いて範囲セレクターを使ってテキストにアニメーションを付けてみましょう!

範囲セレクターを使うと、テキストにダイナミックなアニメーションを適用できます。

「位置」アニメーターを選択する

①テキストレイヤーを展開し、テキストプロパティを展開します。

➁左側に「アニメーター」が表示されるので、三角のボタンをクリックします。

➂アニメーターのメニューが表示されたら「位置」をクリックします。

④テキストプロパティの中に「アニメーター1」のプロパティが追加されました。アニメーター1プロパティの中の「範囲セレクター1」の中には「位置」プロパティが追加されています。

位置の値を決める

まず位置プロパティのYの値に-100を入力して、テキストが縦方向に移動する大きさを決めます。

アニメーションを開始する時間にキーフレームを作成

範囲セレクター1を展開すると終了のプロパティが表示されるので、アニメーションを開始する位置に再生ヘッドを移動し、ストップウォッチボタンをクリックしてキーフレームを打ちます。

「終了」プロパティの値を設定する

キーフレームを打ったら終了プロパティの値を0%に変更し、テキストを元の位置に戻します。

アニメーションの終了時間にキーフレームを作成する

再生ヘッドをアニメーションを終了させる位置までドラッグして移動し、今度は終了プロパティの値を100%に変更します。

プレビューパネルから再生ボタンをクリックするとこのようにテキストが一文字づつ上にスライドしていくアニメーションを確認できます。

続いて開始プロパティの値を変更してテキストを元の位置に戻してみましょう!

「開始」プロパティの値を設定する

終了プロパティの始めのキーフレームの位置まで再生ヘッドを移動します。開始プロパティの左側にあるストップウォッチボタンをクリックし、キーフレームを打ちます。

再生ヘッドを終了プロパティの終わりのキーフレームより右側に少しずらした位置に移動し、開始プロパティの値を100%に変更します。

続いて一文字づつ上にスライドするテキストのスケールを変更してみましょう!

コンポジションパネルのテキストにセレクターが表示されているので、ドラッグして範囲を変更できます。

アニメーション1プロパティの右側にある「追加」の三角のボタンをクリックし、メニューが表示されたらプロパティの中から「スケール」を選択します。

テキストが順番に拡大されるようなアニメーションにする為にスケールの値を200%に変更します。

プレビューパネルで再生するとこのようなアニメーションになります。

これで文字全体を動かすことについての解説を終わります!

AYANA
AYANA

みなさんいかがでしたか?

今日の解説は理解できましたか?

それでは、また次回の講義でお会いしましょう!

それじゃあまた!バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました