モーションブラーの適用

02 After Effects
AYANA
AYANA

みなさんこんにちは

魔法使い系Vtuberのアヤナです!

今日はモーションブラーの適用方法について解説していきます。

AYANA
AYANA

それでは早速いってみましょう!

スタート!

【No.05-07】【After Effects】[初級編] モーションブラーの適用

動きの速いアニメーションで物体のブレを表現する効果を「モーションブラー」といいます。

モーションブラーの適用の前準備

まず、モーションブラーの適用させるには、素速い動きのモーションを作る必要があります。

「位置」プロパティのフレーム間を短く設定して素早く動くモーションを作成する

シェイプレイヤーの「位置」プロパティのフレーム間のキーフレームを短く設定して素早く動くモーションを作成しておきましょう。

モーションを再生する

モーションを作成したら、「プレビュー」パネルの再生ボタンを押して確認します。

モーションブラーを適用する前はこのように表示されます。モーションブラーを適用する事によって滑らかな動きにしてみましょう!

モーションブラーを設定する

方法①:モーションブラーを適用する

シェイプレイヤーにモーションブラーを適用する

モーションブラーを適用する

モーションブラーを適用するには適用したいレイヤーの「モーションブラー」をクリックしてONにします。この時必ず「モーションブラーが設定されたすべてのレイヤーにモーションブラーを適用」をクリックしてONにします。

モーションブラーを適用したモーションを再生する

シェイプレイヤーにモーションブラーを適用したら、プレビューで再生してみましょう!

プレビューで動きを確認すると、このようにシェイプレイヤーがブレて滑らかにアニメーションします。

モーションブラーの値を調整する

コンポジション設定を選択する

モーションブラーのブレの値を変更するにはプロジェクトパネルにあるコンポジションを右クリックし、「コンポジション設定」を開きます。

「モーションブラー」の項目を調整する

コンポジション設定のダイアログが表示されるので、「高度」タブのモーションブラーの項目でブレの値を変更できます。

シャッター角度を大きくするとブレも大きくなります。

方法②:ピクセルモーションブラーを適用する

次にピクセルモーションブラーの適用方法について説明していきます!

シェイプレイヤーにピクセルモーションブラーを適用する

モーションブラーの適用を外す

まず、シェイプレイヤーにモーションブラーを適用した場合はタイムラインの「モーションブラーが設定されたすべてのレイヤーにモーションブラーを適用」を再度クリックしてOFFにしておきましょう。

ピクセルモーションプラーを選択して、素材に適用する

シェイプレイヤーを選択し、エフェクト&プリセットパネルの「時間」の中からピクセルモーションブラーを選択し、ドラッグ&ドロップでシェイプレイヤーに適用します。

ピクセルモーションプラーを適用した

プレビューパネルで再生してみるとこのように表示されます。「モーションブラー」と「ピクセルモーションブラー」は同じように見えますが、ピクセルモーションブラーの方はカメラなどで撮影した動く映像に対してピクセルを検知してブレを付ける事ができます。

ピクセルモーションブラーの値を調整する

ピクセルモーションブラーの度合いを設定する

シェイプレイヤーを選択した状態で、エフェクトコントロールパネルの「ピクセルモーションブラー」でブレの値を変更します。

シャッター角度とシャッターサンプルを大きく設定した

「シャッター角度」の値を大きくするほどブレが大きくなり、「シャッターサンプル」の値を大きくするほどブレが滑らかになります。

これでモーションブラーの適用方法についての解説を終わります!

AYANA
AYANA

みなさんいかがでしたか?

今日の解説は理解できましたか?

それでは、また次回の講義でお会いしましょう!

それじゃあまた!バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました