キーフレームの編集

02 After Effects
AYANA
AYANA

みなさんこんにちは

魔法使い系Vtuberのアヤナです!

今日はキーフレームの編集について解説していきます。

AYANA
AYANA

それでは早速いってみましょう!

スタート!

キーフレームを作成したら、今度は細かく調整する作業を行っていきます。キーフレームの編集ではキーフレームの移動や追加などができます。

また、キーフレームのコピーも可能で、コピーしたキーフレームを他のレイヤーに対して適用することができます。

これらの操作は[タイムラインパネル]で行います。

キーフレームの位置を動かす

まずはキーフレームの位置を移動させてみましょう。キーフレームを移動すると、アニメーションのタイミングが変更されます。

キーフレームの設定

こちらのように2つのキーフレームが打たれています。後方にあるキーフレームのタイミングを少し遅らせてみます。

キーフレームアイコンをドラッグする

キーフレームをドラッグすると、キーフレームの位置を移動させることができます。

元の設定しているキーフレームで再生

[コンポジションパネル]でプレビューしてみましょう!

移動させたキーフレームで再生

キーフレームの間隔が広がったので、動きのスピードがキーフレーム移動前よりもゆっくりになりました。

キーフレームを追加する

再生ヘッドをドラッグする

次にこちらのキーフレームの間に新たにキーフレームを追加していきたいと思います。

まずは再生ヘッドをドラッグして、キーフレームを追加したい点まで移動させます。

こちらのボタンをクリックする

位置プロパティの左側に表示されている、こちらの丸いボタンをクリックします。

キーフレームアイコンが作成された

すると、このように新たにキーフレームが追加されました!

モーションパスを変更する

キーフレームを追加していくと、アニメーションの動作をより細かく制御できるようになります。先ほど位置プロパティにキーフレームを複数設定しました。[コンポジションパネル]内に[モーションパス]が表示されるので、こちらを編集することで動きの細かい制御ができます。

モーションパスのポイント位置を移動させる

ここをドラッグする

[タイムラインパネル]で、キーフレームを追加したレイヤーを選択し、[コンポジションパネル]を見てみます。このように、レイヤーのモーションパスが表示されています。レイヤーがこのパスに従って移動していくということですね。

パスの間にあるポイントはキーフレームでのレイヤーの位置を表しています。

こちらのポイントを動かすことでモーションパスを変更できます。

アンカーポイントを動かすことで、そのフレームにキーフレームを追加することもできます。

モーションパスを変更

このようにモーションパスの形状を変更してみました。

空間の補間法を変更する

パスの各ポイントの空間補間法には「ベジェ曲線」と「リニア」があります。この2つを切り替えるツールとして[頂点を切り替えツール]というものがあります。

頂点を切り替えツールを選択する

[ツールパネル]から[頂点を切り替えツール]を選択します。

追加されたハンドルをドラッグして、曲線に変化する

[コンポジションパネル]に戻ります。

このようにモーションパスのキーフレームをドラッグします。

「頂点を切り替えシール」をクリックして、直線に戻す

キーフレーム間が曲線になりました!

モーションパスを直線に戻すときは、[頂点を切り替えツール]で先ほどのキーフレームをクリックします。そうすると、ハンドルが削除され、ポイントの補間がリニアに戻ります。

方向ハンドルを操作する

ベジェ曲線では曲線の曲がり方を、ハンドルと呼ばれる曲線の接線で決定します。こちらのハンドルを動かすと、曲線の曲がり方を変更することができます。

方向ハンドルを伸ばす

ハンドルを伸ばすとこのように曲線が変化します。

方向ハンドルをドラッグする

ハンドルを動かすと、曲線がこのように変化します。

キーフレームをコピーする

キーフレームをコピーして他のレイヤーに適用させてみましょう!

似たような動きを複数のレイヤーに適用させるだけで、ちょっとしたキーフレームアニメーションを簡単に作ることができます。

レイヤーのプロパティを展開する

レイヤーのプロパティを表示させます。こちらのボタンからプロパティを展開することができます。

Uキーを押す

レイヤーを選択した状態で[U]キーを押すと、キーフレームが設定されているプロパティだけ展開することができます。

コピーしたいキーフレームを選択する

コピーしたいキーフレームをクリックで選択します。複数のキーフレームを選択する場合は[Shift]キーを押しながらクリックします。今回は、位置に関するキーフレームをコピーして他のレイヤーに適用させます。

コピーを選択する

メニューバーの[編集]から[コピー]を選択します。

もちろんキーボードの[Ctrl+C]キーでもOKです!

キーフレームをペーストしたいレイヤーを選択する

他のレイヤーの位置プロパティを選択します。こちらに先ほどコピーしたキーフレームを適用していきます。

ペーストを選択する

メニューバーの[編集]から[ペースト]を選択します。

キーボードの[Ctrl+V]でも同様にペーストできます。

キーフレームがペーストされた

すると、位置のキーフレームがペーストされました!

全く同じ動きがコピーされた

[プレビューパネル]で再生ボタンを押してプレビューしてみましょう!

全く同じ動きのアニメーションがコピーされていますね。

これでキーフレームの編集についての解説を終わります!

AYANA
AYANA

みなさんいかがでしたか?

今日の解説は理解できましたか?

それでは、また次回の講義でお会いしましょう!

それじゃあまた!バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました