ロトブラシを使ったマスクの作成

02 After Effects
AYANA
AYANA

みなさんこんにちは

魔法使い系Vtuberのアヤナです!

今日はロトブラシを使ったマスクの作成について解説していきます。

AYANA
AYANA

それでは早速いってみましょう!

スタート!

今回は、ツールパネルの中から[ロトブラシツール]と呼ばれるツールの使い方を紹介します。

こちらを使用すると、輪郭のはっきりした物体に対して、とても簡単にマスクを作成することができます

ただし、こちらはマスクではなく、エフェクトであるということを必ず押さえておいてください。

マスク作成の準備

まず、ロトブラシを使ってマスクを作成したい素材をレイヤーに配置します。[コンポジションパネル]での表示はこのようになります。

ロトブラシはレイヤーパネル上でのみ操作できます!

[タイムラインパネル]で、マスクを作成したいレイヤーをダブルクリックすると、[コンポジションパネル]の位置に、そのレイヤーの[レイヤーパネル]が表示されます。

このようにレイヤーパネルが表示された状態にします。上部のタブに[レイヤー]と表示されていることを確認してください。

[ツールパネル]にある[ロトブラシツール]をクリックして選択します。これでロトブラシが使える状態になります。

実際にロトブラシツールを使用する前に、ブラシの設定をしておきましょう。

ブラシの設定は[ブラシパネル]から行うことができます。メニューバーのウィンドウからブラシを選択し、[ブラシパネル]を表示させましょう。

[ブラシパネル]の表示がこちらです。ブラシの大きさや形状を選択することができます。お好みに合わせて変更しましょう!

実際のマスク作成

こちらは[レイヤーパネル]です。[コンポジションパネル]ではないので注意してくださいね。

それでは、こちらの『紺色の帽子』にマスクをかけていきたいと思います。

マスクしたい領域の一部をロトブラシで塗っていきます。コツとしては、輪郭の内側にブラシするとうまくマスクがかかりやすいです。

マスクが作成されました!マスクされた部分の輪郭がピンクの線で表示されます。

ロトブラシをもう一度使うことで、マスクの領域を追加していくこともできます。

マスクの領域が広がりました!

[レイヤーパネル]の下部に表示されている、こちらのボタンを押すと、レイヤーのアルファチャンネルを表示させることができます。

このように、マスクの内側のみにアルファがあるという状態になっていることがわかりますね。

最後に[コンポジションパネル]に戻ります。

マスクの内側のみが表示されていますね。

[タイムラインパネル]を見ると、マスクではなく、エフェクトが追加されており、エフェクトコントロールパネルを見ると[ロトブラシとエッジを調整]という項目が追加されています。こちらからプロパティの値などを変更する事ができます。

これでロトブラシを使ったマスクの作成ができました!

AYANA
AYANA

みなさんいかがでしたか?

今日の解説は理解できましたか?

それでは、また次回の講義でお会いしましょう!

それじゃあまた!バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました