マスクの作成と編集

02 After Effects
AYANA
AYANA

みなさんこんにちは

魔法使い系Vtuberのアヤナです!

今日はマスクの作成と編集について解説していきます。

AYANA
AYANA

それでは早速いってみましょう!

スタート!

【No.04-01】【After Effects】[初級編] マスクの作成と編集

After Effectsには『マスク』という機能が存在します。こちらはシェイプレイヤーと混同しがちですが、マスク自体はレイヤーではなく、レイヤーに対してマスクがあるというイメージです。

レイヤーにマスクを作成することで、他のレイヤーと合成することができます。さらには、マスクを使用することで、レイヤーの一部にエフェクトを適用することも可能になります。

また、ペンツールを使用すると、長方形や円とは違った自由な形のマスクを作成することができます。

マスクの作成

長方形や円などの定形マスクを作る場合と、自由な形のマスクを作る場合では、それぞれ別のツールを使用します。

定形マスクの作成

まずは、長方形や円などの定形マスクを作成していきます!

こちらは[タイムラインパネル]です。マスクが適用されるレイヤーと、背景になるレイヤーを配置します。

今回は、マスクを適用するレイヤーとして、冬の道路を撮影した動画を使用します。背景には単色の平面レイヤーを配置しました。

マスクを適用するレイヤーを[タイムラインパネル]でクリックして選択します。レイヤーを選択しないとシェイプレイヤーを作成してしまうので、必ずレイヤーを選択するようにしましょう!

ツールパネルではデフォルトの状態で[長方形ツール]が表示されています。

長方形ツールのアイコンを長押しすると、このように角丸長方形ツール、楕円形ツール、多角形ツール、スターツールが表示されます。

今回は長方形ツールを使います。

こちらは[コンポジションパネル]です。[長方形ツール]で一部の範囲をドラッグで囲みます。これでマスクが作成されました。

このように、マスクの範囲だけが映し出され、マスク外の範囲は透明化し、結果的に下部に配置されている平面レイヤーが映し出されているのがわかりますね。

[タイムラインパネル]を確認してみましょう!

マスクが作成されたレイヤーに、マスクのプロパティが追加されているのがわかりますね。

マスクプロパティの[反転]にチェックを入れてみましょう!

反転スイッチにチェックを入れると、[コンポジションパネル]での表示がこのようになります。先ほどとは反対に、マスクの範囲が透明化し、マスクの範囲外が映し出されていることがわかりますね。

ベジェマスクの作成

次は、マスクを自由な形で作成していきたいと思います!

背景となるレイヤー、マスクが適用されるレイヤーの2つを配置し、マスクを作成するレイヤーを選択します。ここまでは定形マスクの作成方法と同様ですね。

ここで、ペンツールを選択します。

こちらは[コンポジションパネル]です。

映像内の『後方に見えるバス』の部分をマスクで囲んでいきたいと思います!

輪郭に沿って次々にクリックしていきましょう!

クリックを繰り返していくと、『パス』と呼ばれる、ポイントとポイントを結ぶ線が作られていきます。

パスを曲線にしたい場合は、ペンツールを使って、クリックしたままドラッグします。パスが曲線になると同時に、直線のハンドルが表示されます。

少し難しく言うと、ポイントとポイントの補間がリニアからベジェに変わったということですね。こちらはベジェ曲線と呼ばれ、ハンドルを動かすことで曲線の曲がり方を変えることができます。

最後にポイントとポイントを重ね合わせてください。

すると、マスクの範囲外には、下に配置した背景レイヤーが表示されます。定形マスクを作成した時と同様ですね。

[タイムラインパネル]で作成したマスクの[反転]にチェックを入れると、マスクの範囲が透明化します。

マスクの編集

ここからは、作成したマスクのパスを編集していきたいと思います!

このような楕円形のマスクを編集していきます。

[ツールパネル]から[選択ツール]を選択します。

マスクのあるレイヤーを選択した状態で、マスクの編集したい1点をクリックします。

マスクにポイントが表示されたら、ポイントをドラッグします。

ベジェ曲線の曲がり具合を変更したい場合は、[ツールパネル]の[ペンツール]を長押しし、[頂点を切り替えツール]を選択します。

このような状態のマスクのポイントをクリックしてみます。

このようにパスの頂点が変更され、パスの頂点を中心に鋭角な曲線に変更されました。

パスの頂点から左右に伸びるハンドルを動かすとこのように自由に曲線を変える事ができます。

これでマスクの作成と編集ができました!

AYANA
AYANA

みなさんいかがでしたか?

今日の解説は理解できましたか?

それでは、また次回の講義でお会いしましょう!

それじゃあまた!バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました