レイヤーの親子関係

02 After Effects
AYANA
AYANA

みなさんこんにちは

魔法使い系Vtuberのアヤナです!

今日はレイヤーの親子関係について解説していきます。

AYANA
AYANA

それでは早速いってみましょう!

スタート!

After Effectsのレイヤーは、一方が親のレイヤー、もう一方が子のレイヤーというように親子関係を設定することができます。親のレイヤーにアニメーションなどの設定を加えた場合、子のレイヤーも親のレイヤーに追従して同様のアニメーションを行います

ヌルオブジェクトレイヤーを親に設定する場合が多いかと思いますが、今回は親子ともに、画像のレイヤーを用いて解説を行っていきます。

親子関係の設定

まずは、レイヤー同士に親子関係を設定していきましょう!

こちらは[コンポジションパネル]です。『After Effectsのロゴ』と『指さし画像』の2つの画像レイヤーがあります。

今回は『指さし画像』を親、『After Effectsのロゴ』を子に設定していきます!

こちらは[タイムラインパネル]です。コンポジション内のタイムラインに2つのレイヤーが配置されていますね。レイヤーの順番は上下どちらでも問題ないです。

[タイムラインパネル]に[親とリンク]という項目の表示があるかと思います。表示が無い場合は、列の名前が表示されている部分を右クリックしてみてください。このようにメニューが出てきます。こちらから[列を表示]>[親とリンク]を選択すると、[親とリンク]の項目が[タイムラインパネル]に表示されます。

それでは、実際に『After Effectsのロゴ』を子、『指さし画像』を親に設定していきます!

子になるレイヤーの、ピックウイップと呼ばれる渦巻き状のボタンを親になるレイヤーにドラッグしていきます。すると、このように青い線がピックウイップから伸びるように表示されます。この状態でマウスを離します。

すると、このように、子になるレイヤーの[親とリンク]という項目に親のレイヤー名が表示されます。今回は『After Effectsのロゴ』が子のレイヤーでしたね。[親とリンク]の項目に、親となる『指さし画像』のレイヤーが指定されているのがわかります。

親レイヤーを動かす

親子関係を設定できたら、親子のレイヤーを動かしてみましょう。

こちらは[コンポジションパネル]の表示です。

親である『指さし画像』をこのように動かしてみました。

当然、子である『After Effectsのロゴ』も親の動きに追従して一緒に動きます。

今度は、子である『After Effectsのロゴ』を動かしてみました。先ほどとは違って『指さし画像』は追従して動くことはありません。

2つのレイヤーに親子関係が設定されていると、

子のレイヤーは、親のレイヤーの動きに追従するが、子のレイヤーは親との位置関係を自由に設定できる

というわけですね。

これでレイヤーの親子関係についての解説を終わります!

AYANA
AYANA

みなさんいかがでしたか?

今日の解説は理解できましたか?

それでは、また次回の講義でお会いしましょう!

それじゃあまた!バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました