ワークエリアのリフトと抽出

02 After Effects
AYANA
AYANA

みなさんこんにちは

魔法使い系Vtuberのアヤナです!

今日はワークエリアのリフトと抽出について解説していきます。

AYANA
AYANA

それでは早速いってみましょう!

スタート!

コンポジションの開始点と終了点を設定したものをワークエリアと呼びます。

ワークエリアはコンポジションの一部を指定して出力したり、レイヤーのリフトや抽出などの編集作業にも使用できます

ワークエリアの選択

まずは、[現在の時間インジケーター]でワークエリアの開始点を決定しましょう。この状態ではワークエリアの開始点は決定されていません。

[ワークエリアバー]の左側には[ワークエリア開始]マーカー、右側には[ワークエリア終了]マーカーがあります。これらのマーカーをドラッグすることでワークエリアを決定します。先ほど移動させた[現在の時間インジケーター]が開始点、終了点を決定する時の目印となります。

まずは、[ワークエリア開始]マーカーをドラッグして[現在の時間インジケーター]の位置まで移動させます。

終了点も同様に設定します。

[現在の時間インジケーター]をワークエリアの終了点まで移動させます。[ワークエリア終了]マーカーを[現在の時間インジケーター]までドラッグします。

これでワークエリアを選択することができました!

ワークエリアを時間範囲を保ったままの状態で左右に移動させたい場合は、[ワークエリアバー]を左右にドラッグすることで移動できます。

ワークエリアを使ったレイヤーの編集作業

ワークエリアを使ったレイヤーの編集作業として、レイヤーのリフトと抽出の方法を解説していきます!

ワークエリアのリフト

まずは、選択したワークエリアを使ってレイヤーのリフトを行っていきましょう!

このようにワークエリアが設定されています。この範囲でレイヤーのリフトを行います。

リフトするレイヤーを選択し、メニューバーの編集からワークエリアのリフトを選択します。

[ワークエリアのリフト]が実行されました!

ワークエリアの範囲が削除されていますね。さらに、リフトが行われたレイヤーが2つに分割されています。

ワークエリアの抽出

ワークエリアの抽出では、リフト同様にワークエリアの範囲のレイヤーが削除されるのですが、削除された範囲は詰めた状態になります

まず、ワークエリアを設定します。

抽出を行うレイヤーを選択し、メニューバーの編集からワークエリアの抽出を選択します。

[ワークエリアの抽出]が実行されました。

リフトとは異なり、削除された範囲は詰めて配置されているのがわかりますね。レイヤーが2つに分割されているのはワークエリアのリフトと同様です。

これでワークエリアのリフトと抽出についての解説を終わります!

AYANA
AYANA

みなさんいかがでしたか?

今日の解説は理解できましたか?

それでは、また次回の講義でお会いしましょう!

それじゃあまた!バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました