コンポジションを作成する

02 After Effects
AYANA
AYANA

みなさんこんにちは

魔法使い系Vtuberのアヤナです!

今日はコンポジションを作成する方法について解説していきます。

AYANA
AYANA

それでは早速いってみましょう!

スタート!

【After Effects】[初級編]コンポジションを作成する

コンポジションとは、素材を構成する箱となるものです。After Effectsで動画を作成する際にまず必要となるものですね。コンポジションそれぞれがタイムラインを持ち、解像度やフレームレート、動画の長さなどを設定できます。それでは実際に作成していきましょう!

コンポジションの作成方法

コンポジションの作成方法として、素材を元にコンポジションを作成する方法と、空のコンポジションを一から作成する方法があります。

素材を元にコンポジションを作成する場合は、素材自体の解像度やフレームレート、時間の長さが自動的に決定されるので便利です。一方、コンポジションを一から作成する場合は、解像度やフレームレート、時間の長さを自ら設定することができます

素材を元にコンポジションを作成する

まずは、素材を元にコンポジションを作成してみましょう!

プロジェクトパネルの下の方にある[新規コンポジションを作成]ボタンに、素材をドラッグ&ドロップします

[プロジェクトパネル]に、作成されたコンポジションが表示されました!

[プロジェクトパネル]には素材だけでなくコンポジションも同様に表示されます!

このコンポジションは先ほどドラッグ&ドロップした素材で作成したものですね。フレームレートや時間の長さを確認してみてください。コンポジションのフレームレートや時間の長さと、素材のフレームレートや時間の長さが同じになっているはずです。

[タイムラインパネル]には作成されたコンポジションのタイムラインが表示されています。

先ほどドラッグ&ドロップした素材のレイヤーが作成されています

[コンポジションパネル]では、コンポジションの内容をプレビューすることができます。

空のコンポジションを作成する

空の状態のコンポジションを作成する場合は、[新規コンポジションを作成]ボタンをクリックします。

コンポジションの解像度、フレームレートや時間の長さなどを自ら設定します。

コンポジションパネルの表示について

ここで、コンポジションパネル、フッテージパネルとレイヤーパネルの違いについて説明しておきます。この3つは同じ位置に別々のタブとして似たように表示されるので混乱してしまうことがよくあります。

[プロジェクトパネル]で素材をダブルクリックしてみてください。すると、フッテージパネルが開きます。これは素材そのものをプレビューするためのパネルです。フッテージパネルの上部のタブには[フッテージ]と表示されています素材そのもののタイムラインはフッテージパネル下部に表示されます

また[タイムラインパネル]で素材のレイヤーをダブルクリックすると、レイヤーパネルが開きます。レイヤー自体を単体でプレビューする役割を持ちます。こちらもフッテージパネル同様に、上部のタブには[レイヤー]と表示されています下部にはレイヤー自体のタイムラインが表示されているのもフッテージパネルの場合と同様です。

[コンポジションパネル]では、先ほど説明したように、コンポジションの内容をプレビューすることができます。上部のタブに[コンポジション]と表示されているのでフッテージパネルやレイヤーパネルと区別できますね。コンポジションのタイムラインはタイムラインパネルに表示されているため、コンポジションパネルには表示されません

これでコンポジションの作成方法についての解説を終わります!

AYANA
AYANA

みなさんいかがでしたか?

今日の解説は理解できましたか?

それでは、また次回の講義でお会いしましょう!

それじゃあまた!バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました