編集素材の読み込み

02 After Effects
AYANA
AYANA

みなさんこんにちは

魔法使い系Vtuberのアヤナです!

今日は編集素材の読み込み方法について解説していきます。

AYANA
AYANA

それでは早速いってみましょう!

スタート!

編集素材の読み込み方法は画像でも動画でも同じです。アルファ素材を読み込む時の設定方法も解説します。

編集素材の読み込み

ファイルメニューから読み込む

[ファイル]>[読み込み]>[ファイル]を選択します。

読み込みたい素材を選択し、[読み込み]をクリックします。

複数素材を同時に読み込む時は、[ctrl]キーを押しながら素材をクリックして選択します。

読み込んだファイルはプロジェクトパネルに格納されます。

プロジェクトパネルからの読み込み

次にプロジェクトパネルからファイルを読み込んでみましょう!プロジェクトパネル内を右クリックし、メニューの[読み込み]>[ファイル]を選択します。後の操作は先ほどと同様です。

直接ファイルをドラッグして読み込む

ファイルをドラッグ&ドロップして読み込む事も可能です。読み込みたいファイルをエクスプローラーから直接ドラッグ&ドロップします。ファイルの内容や情報を確認しながら読み込む場合はこの方法が簡単です。

フォルダごと素材を読み込む

次にフォルダごとファイルを読み込んでみましょう!

①ファイル読み込みダイアログで、読み込むフォルダを選択します。

②選択した後、[フォルダーを読み込み]をクリックします。

読み込んだフォルダと同じ名前のフォルダがプロジェクトパネルに作られました。フォルダ内にはファイルがすべて読み込まれています。

アルファチャンネルを持つ静止画の読み込み

次にアルファチャンネルを持つ画像を読み込んでみましょう!

先ほどと同様にファイルを読み込みます。

プロジェクトパネルでアルファチャンネルを持つ素材を右クリックし[フッテージを変換]>[メイン]を選択します。

メインオプションのアルファで読み込み設定を変更できます。

アルファを[無視]に設定すると、アルファチャンネルが無視されて画像ファイルがそのまま読み込まれます。

[ストレート – マットなし]に設定すると、アルファチャンネルの白黒度合いだけを使って合成されます。この方法が基本的な設定となります。

[合成チャンネル – カラーマット]では、選択した色の部分が透明になります。

フォルダに素材を整理する

続いてプロジェクトパネルに取り込んだ素材をフォルダに整理してみましょう!

プロジェクトパネル左下にある[新規フォルダーを作成する]ボタンをクリックします。

作成された新規フォルダーに名前をつけ、素材をフォルダーにドラッグ&ドロップします。

設定した長さで静止画像を読み込む

静止画を設定した長さで読み込むには[編集]>[環境設定]>[読み込み設定]を選択します。

[読み込み設定]の[静止画フッテージ]で読み込む際の長さを指定できます。

[コンポジションの長さ]にチェックを入れると静止画像がコンポジションと同じ長さで読み込まれるようになります。

これで編集素材を読み込むことができました!

AYANA
AYANA

みなさんいかがでしたか?

今日の解説は理解できましたか?

それでは、また次回の講義でお会いしましょう!

それじゃあまた!バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました