書き出し設定のカスタマイズ

01 Premiere Pro
AYANA
AYANA

みなさんこんにちは

魔法使い系Vtuberのアヤナです!

今日は書き出し設定のカスタマイズについて解説していきます。

AYANA
AYANA

それでは早速いってみましょう!

スタート!

シーケンスを書き出す

書き出すシーケンスを選択
書き出すシーケンスを選択

シーケンスが複数存在する場合は出力したいシーケンスを選択します。

メディアを選択
メディアを選択

「ファイル」>「書き出し」>「メディア」を選択します。

書き出し設定について

「書き出し設定」のウィンドウ
「書き出し設定」のウィンドウ

このように「書き出し設定」のウィンドウが表示されます。

形式を選択
形式を選択

形式は「H.264」を選択します。

プリセットの選択
プリセットの選択

目的に合わせてプリセットを選択しましょう!

ビットレート設定
ビットレート設定

「ビデオ」タブの「ビットレート設定」を見てみましょう!

ビットレートとは1秒間あたりのデータサイズのことです。ターゲットビットレートを上げるほど画質は上がりますが、データサイズも大きくなります。

「ビットレートエンコーディング」はCBRとVBRがあります。CBRが画質優先、VBRがデータサイズ優先と考えてください。VBRの中でも2パスのほうが1パスより高精度になります。

プロジェクトに読み込む 予測ファイルサイズ

「プロジェクトに読み込む」にチェックを入れると、書き出された動画がプロジェクトパネルに読み込まれます。

「予測ファイルサイズ」から書き出す動画のファイルサイズが予測できます。

画像オーバーレイ
画像オーバーレイの選択

「エフェクト」タブの「画像オーバーレイ」では、動画を書き出す際にロゴマークを追加することができます。「適用」で「選択」をクリックすると画像を選択することができます。

パブリッシュ
「パブリッシュ」タブについて

「パブリッシュ」タブでは、書き出しと動画をアップロードを同時に行うよう設定することができます。

これで書き出し設定をカスタマイズすることができました!

AYANA
AYANA

みなさんいかがでしたか?

今日の解説は理解できましたか?

それでは、また次回の講義でお会いしましょう!

それじゃあまた!バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました