ワイプ画面の作成方法

01 Premiere Pro
AYANA
AYANA

みなさんこんにちは

魔法使い系Vtuberのアヤナです!

今日はワイプ画面の作成方法について解説していきます。

AYANA
AYANA

それでは早速いってみましょう!

スタート!

【Premiere Pro】[初級編]ワイプ画面の作成方法

テレビでよく見かけるワイプ画面ですが、Premiere Proを使えば簡単に作成することができます。また、フチや影をつけて強調することもできます。

YouTubeの動画作りにも活用できますので是非習得してください!

ワイプ画面を追加する

動画を2つ用意します
動画を2つ用意します

①ワイプとして使う動画クリップがこちらです。

②全画面で表示させる動画クリップがこちらです。こちらのクリップよりも、ワイプとして使うクリップの方が上にくるようにしましょう。

マスクを選択
マスクを選択します

ワイプとして使う動画クリップを選択し、[エフェクトコントロール]パネルの[不透明度]からマスクを作成します。

マスクが作成されました
マスクが作成されました

このようにマスクが作成されました。

ここからが重要です。

「マスクのみ移動」してから「動画とマスクを同時に移動」するという流れを押さえておきましょう!

マスクの移動
マスクのみ移動

まずは「マスクのみ移動」させます。

マスクを動かすと、動画自体の位置は移動せずマスクのみが移動します。

この時点でマスクをかける範囲を選択しましょう!

動画とマスクを同時に移動

次に「動画とマスクを同時に移動」させます。

エフェクトコントロールパネルの「モーション」で位置やスケールを変更できます。

このようにワイプの位置を変更してみました。

これでワイプは完成です!

ワイプにフチを追加する

次に、ワイプにフチをつけていきます!

「マスクの境界のぼかし」を0にしておきます。

カラーマットを使います
カラーマットを使います

プロジェクトパネル内の空いたスペースを右クリックし、「新規項目」→「カラーマット」を選択します。カラーマットの色はお好みの色を選択してください。

①カラーマットをワイプの動画クリップの下のトラックに配置しましょう。

②プログラムモニターにはこのように表示されます。

ワイプとして使った動画クリップの「モーション」と「不透明度」のエフェクトを、先ほどのカラーマットにコピー&ペーストして適用します。すると、ワイプとカラーマットがちょうど重なります。

カラーマットを選択し、「マスクの拡張」を変更してフチの太さを変更しましょう!

このようにフチができました!

最後にカラーマットとワイプはネスト化しましょう!

ネスト化します
ネスト化します

ネスト化したワイプのクリップに対して「ドロップシャドウ」などのエフェクトやアニメーションを追加することもできます。

これでワイプ画面の作成ができました!

AYANA
AYANA

みなさんいかがでしたか?

今日の解説は理解できましたか?

それでは、また次回の講義でお会いしましょう!

それじゃあまた!バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました