モーションパスの操作と空間補間法

01 Premiere Pro
AYANA
AYANA

みなさんこんにちは

魔法使い系Vtuberのアヤナです!

今日はモーションパスの操作と空間補間法について解説していきます。

AYANA
AYANA

それでは早速いってみましょう!

スタート!

【Premiere Pro】[初級編]モーションパスの操作と空間補間法

空間補間と時間補間の考え方は基本的に一緒です。

時間補間の考え方を理解していると、空間補間も簡単に理解することができます!

モーションパスの操作

長方形を作成し、モーションパスを設定し動かしてみましょう。

長方形を作成
長方形を作成する

①長方形ツールを選択します。

②図形を作ります。

キーフレームを追加
キーフレームを追加する

再生ヘッドを、長方形を動かす最初のタイミングにセットし、こちらのボタンをクリックします。

再生ヘッドの位置を進める
再生ヘッドの位置を進める

再生ヘッドの位置を先に進めます。この段階でキーフレームを打つ必要はありません

選択ツールを選択し、長方形を移動
選択ツールを選択し、長方形を移動させる

①「選択ツール」にします。

②こちらの図形をドラッグします。

モーションパスが表示
モーションパスが表示される

ドラッグで移動すると、モーションパスが表示されます

キーフレームは自動で打たれます
キーフレームは自動で打たれます

このようにキーフレームは自動的に打たれます。

空間補間法を変更する

先ほどと同様に、再生ヘッドの位置を先に進めてから、図形の位置をドラッグして移動させます。

曲線のモーションパス
曲線のモーションパス

モーションパスが曲線になっていますが、これは空間補間が「自動ベジェ」で行われているからです。

空間補間の方法を確認する
空間補間の方法を確認する

①キーフレームを右クリックします。

②空間補間法から自動ベジェが選択された状態になっています。

空間補間の方法を変更する
空間補間の方法を変更する

「Ctrlキー」を押しながらプログラムモニター上のキーフレームをクリックすることで、空間補間法が曲線的な「ベジェ」と直線的な「リニア」で交互に切り替わります。

ベジェで動かす
ベジェで動かす

空間補間をベジェにした状態で、再生するとこのように動きが滑らかになります。

これでモーションパスの操作と空間補間法の解説を終わります!

AYANA
AYANA

みなさんいかがでしたか?

今日の解説は理解できましたか?

それでは、また次回の講義でお会いしましょう!

それじゃあまた!バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました