マーカーの使い方

01 Premiere Pro
AYANA
AYANA

みなさんこんにちは

魔法使い系Vtuberのアヤナです!

今日はマーカーの使い方について解説していきます。

AYANA
AYANA

それでは早速いってみましょう!

スタート!

【Premiere Pro】[初級編]マーカーの使い方

ソースパネルのマーカー追加

ソースパネルのマーカーを追加ボタンをクリックすると現在再生ヘッドがある位置にマーカーが追加されます。

ソースパネルで前のマーカーへ移動

マーカーの上で右クリックし前のマーカーへ移動を選択すると再生ヘッドを前のマーカーがある位置まで移動できます。

ソースパネルで次のマーカーへ移動

同じくマーカーの上で右クリックし次のマーカーへ移動を選択すると再生ヘッドを次のマーカーがある位置まで移動できます。

ソースパネルで選択したマーカーを消去

マーカーの上で右クリックして「選択したマーカーを消去」をクリックすると選択したマーカーを削除できます。

ソースパネルですべてのマーカーを消去

マーカーの上で右クリックし「すべてのマーカーを消去」をクリックするとソースパネル上の全てのマーカーを削除できます。

プログラムパネルのボタンからマーカーを追加

プログラムパネルのマーカーを追加ボタンをクリックするとプログラムパネルとシーケンスの両方の現在再生ヘッドがある位置にマーカーが追加されます。

タイムライン上で前のマーカーへ移動

マーカーの上で右クリックし前のマーカーへ移動を選択すると再生ヘッドを前のマーカーがある位置まで移動できます。

タイムライン上で次のマーカーへ移動

同じくマーカーの上で右クリックし次のマーカーへ移動を選択すると再生ヘッドを次のマーカーがある位置まで移動できます。

タイムライン上で選択したマーカーを消去

マーカーの上で右クリックして「選択したマーカーを消去」をクリックすると選択したマーカーを削除できます。

タイムライン上ですべてのマーカーを消去

マーカーの上で右クリックし「すべてのマーカーを消去」をクリックするとプログラムパネル上とシーケンス上の全てのマーカーを削除できます。

プログラムパネルのボタンでマーカーを移動

プログラムパネルの前のマーカーへ移動をクリックすると再生ヘッドを前のマーカーへ移動できます。同じように次のマーカーへ移動をクリックすると再生ヘッドを次のマーカーへ移動できます。

キーボードでシーケンス上のマーカーを移動

キーボードのCtrl+Shift+Mキーを押しても再生ヘッドを前のマーカーへ移動できます。同じようにキーボードのShift+Mキーを押しても再生ヘッドを次のマーカーへ移動できます。

マーカーを編集

マーカーの上で右クリックし「マーカーを編集」をクリックするとマーカーの名前や色を変更できます。

マーカーの名前、コメント、色を変更

名前を入力し、コメントを入力し、マーカーの色を選択し、OKボタンをクリックするとマーカーの名前と色を変更できます。

マーカーのデュレーションを設定

マーカーの編集からデュレーションをドラッグして右にスライドするとこのようにマーカーを点ではなく範囲で指定できます。

シーケンスマーカーの表示/非表示

プログラムパネル右下の設定ボタンをクリックし、「マーカーを表示」をクリックするとマーカーの表示、非表示を切り替える事ができます。

ソースパネル上のマーカーを表示/非表示

同じようにソースパネル右下の設定ボタンをクリックし、「マーカーを表示」をクリックするとマーカーの表示、非表示を切り替える事ができます。

クリップマーカーを表示/非表示

タイムラインパネルのタイムライン表示設定ボタンをクリックし、クリップマーカーを表示をクリックすると、タイムライン上のクリップにマーカーを表示させる事ができます。

重複フレームマーカーを表示

ソースパネルから重複するビデオをタイムラインにドラッグ&ドロップで配置し、タイムライン表示設定ボタンをクリックし、重複フレームマーカーを表示をクリックすると、タイムライン上の重複するフレームをこのように表示させる事ができます。

リップルシーケンスマーカーをONにする

メニューバーのマーカーから「リップルシーケンスマーカー」にチェックがついている事を確認し、シーケンスにマーカーがある状態でクリップをリップル削除するとこのようにマーカーも一緒に移動しシーケンスに対してマーカーの位置が変わらないようにすることができます。

リップルシーケンスマーカーをOFFにする

メニューバーのマーカーから「リップルシーケンスマーカー」のチェックを外し、シーケンスにマーカーがある状態でクリップをリップル削除するとこのようにクリップだけ移動しシーケンスに対してマーカーの位置がズレてしまいます。通常、リップルシーケンスマーカーのチェックはONにしておきましょう。

メニューバーからクリップ上にマーカーを追加

選択されたクリップの上に再生ヘッドがある状態で、メニューバーのマーカーから「マーカーを追加」をクリックするとこのようにクリップ上にマーカーが追加されます。

メニューバーからシーケンス上にマーカーを追加

選択されたクリップの上に再生ヘッドがない状態で、メニューバーのマーカーから「マーカーを追加」をクリックするとこのようにシーケンス上にマーカーが追加されます。

キーボードのショートカットキーでクリップにマーカーを追加

選択されたクリップの上に再生ヘッドがある状態で、キーボードのMキーを押すと同じようにクリップにマーカーを追加する事ができます。

クリップ上のマーカーを編集

クリップ上のマーカーを編集するにはクリップをドラッグして一旦ソースパネル上でドロップします。ソースパネル上でマーカーを移動するとこのようにタイムライン上のクリップマーカーにも反映されます。同じようにクリップマーカーを削除するとタイムライン上のクリップマーカーも削除されます。

AYANA
AYANA

みなさんいかがでしたか?

今日の解説は理解できましたか?

それでは、また次回の講義でお会いしましょう!

それじゃあまた!バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました