エフェクトをコピー&ペーストで適用する

01 Premiere Pro
AYANA
AYANA

みなさんこんにちは

魔法使い系Vtuberのアヤナです!

今日はエフェクトをコピー&ペーストで適用する方法について解説していきます。

AYANA
AYANA

それでは早速いってみましょう!

スタート!

エフェクトをコピーして他のクリップにペーストしてみます。

エフェクトのコピー&ペースト

コピーの選択
コピーを選択

①コピー元となるクリップのエフェクトコントロールパネルを開き、コピーしたいエフェクトを右クリックします。

②「コピー」を選択します。

ペーストする
ペーストする

コピー先のクリップのエフェクトコントロールパネルを開き、空いてるスペースを右クリックします。

②「ペースト」を選択します。

追加されました

すると、このようにエフェクトが追加されました。

属性のコピー&ペースト

次に、属性のコピー&ペーストを行います!

属性とエフェクトの違い
属性とエフェクトの違い

適用している「エフェクト」に、モーションや不透明度などの「基本エフェクト」を含めたものを「属性」と呼びます。

コピーを選択
コピーを選択

①コピー元のクリップを右クリックします。

②「コピー」を選択します。

属性をペーストする
属性をペーストする

①コピー先のクリップを右クリックします。

②「属性をペースト」を選択します。

属性を選択
属性を選択する

このようなウィンドウが表示されます。

①ペーストしたい属性にチェックを入れます。

②「OK」ボタンをクリックします。

これでエフェクトをコピー&ペーストで適用することができました!

AYANA
AYANA

みなさんいかがでしたか?

今日の解説は理解できましたか?

それでは、また次回の講義でお会いしましょう!

それじゃあまた!バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました