Premiere Proの環境設定について

01 Premiere Pro
AYANA
AYANA

みなさんこんにちは

魔法使い系Vtuberのアヤナです!

今日はPremiere Proの環境設定について解説していきます。

それでは早速いってみましょう!

スタート!

【No.01-03】【Premiere Pro】[初級編]Premiere Proの環境設定について

環境設定

Premiere Pro 編集 環境設定 一般
Premiere Pro 編集 環境設定 一般

①メニューバーの編集をクリックします。

②環境設定をクリックします。

③どちらをクリックしても環境設定のウィンドが開きますが、ここでは一般をクリックします。

環境設定(一般)

Premiere Pro 環境設定 一般 ビン ダブルクリック プロジェクト イベントインジケーター ツールヒント
Premiere Pro 環境設定 一般

環境設定の一般タブでは起動時の設定やビンの動作、ツールヒントの表示などを設定できます。

  • 起動時の設定ではPremiere Proを起動したときにホームを表示するか最新のプロジェクトを開くか設定できます。
  • プロジェクトを開くときの動作の設定ではプロジェクトを開いたときにホームを表示するか開くダイアログを表示するか設定できます。
  • ビンの設定ではビン上でダブルクリックした時とCtrlキーやAltキーを押しながらクリックしたときの動作を新規ウィンドウで開く、同じ場所で開く、新規タブで開くの3つから設定できます。
  • プロジェクトの設定ではプロジェクトをダブルクリックした時とAltキーを押しながらクリックしたときの動作を新規ウィンドウで開く、新規タブで開くのどちらかを設定できます。
  • イベントインジケーターを表示の設定では画面の右下に表示されるイベント通知のポップアップウィンドウの表示、非表示を切り替える事ができます。
  • ツールヒントを表示の設定ではツールヒントを表示されるか非表示にするか切り替える事ができます。
  • ダブルクリック時にワークスペースのリセット警告ダイアログを表示の設定ではダブルクリック時にワークスペースのリセット警告ダイアログを表示するか非表示にするか切り替える事ができます。
  • モニターのカラーマネジメントの有効化の設定ではモニターのカラーマネジメントの有効化と無効化を切り替える事ができます。ただしこちらの設定はお使いのパソコンにGPUアクセラレーションが入っていないと設定できません。

環境設定(アピアランス)

Premiere Pro 環境設定 アピアランス 明るさ ハイライトのカラー インタラクティブな制御 焦点インジケーター
Premiere Pro 環境設定 アピアランス

環境設定のアピアランスのタブではユーザーインターフェイスを明るくしたり暗くしたり調整する事ができます。

環境設定(オーディオ)

Premiere Pro 環境設定 オーディオ 自動一致時間 5.1ミックスダウンタイプ 大きなボリュームを調整 ソースモニター スクラブ シャトル オートメーションキー リニアキー
Premiere Pro 環境設定 オーディオ

環境設定のオーディオタブではオーディオ波形の自動生成やAuditionで編集するファイルのレンダリング先などを設定できます。

  • 自動一致時間の設定ではオーディオミキサーで調整したコントロールを設定する前に戻す時間を指定する事ができます。
  • 5.1ミックスダウンタイプの設定では5.1オーディオトラックにミックスする方法を「フロントのみ」「フロント+リア」「フロント+LFE」「フロント+リア+LFE」の4つから選択できます。
  • 大きなボリュームを調整の設定ではクリップボリュームを大幅に上げる際に増加する音量を設定できます。
  • スクラブ中にオーディオを再生の設定ではスクラブ中にオーディオのスクラブを切り替える事ができます。
  • シャトル中のピッチを維持の設定ではスクラブ中や再生中にキーボードのJ、K、Lキーを押してオーディオピッチを維持するか設定ができます。
  • タイムラインへの録音中に入力をミュートの設定ではタイムラインの録音中にオーディオをミュートするか設定ができます。
  • オーディオ波形の自動生成の設定ではタイムラインにオーディオデータを読み込んだ際にオーディオデータの波形を表示するかどうかを設定できます。
  • リニアキーフレームの簡略化の設定にチェックを入れるとキーフレームの開始と終了を繋いだ直線上以外のポイントにキーフレームが作成されます。
  • 簡略化する最小時間間隔の設定ではキーフレームの最小時間間隔をミリ秒単位で指定できます。
  • Auditionで編集するファイルのレンダリング先の設定ではAuditionと連携した際にAuditionで編集したファイルのレンダリング先をキャプチャしたオーディオのスクラッチディスクと同じ場所にするか元のメディアファイルと同じ場所にするか設定できます。

環境設定(オーディオハードウェア)

Premiere Pro 環境設定 オーディオハードウェア デバイスクラス デフォルト マスタークロック レイテンシ サンプルレート 出力マッピング
Premiere Pro 環境設定 オーディオハードウェア

環境設定のオーディオハードウェアのタブではデフォルトで使用するオーディオハードウェアの入力や出力のデバイスを指定できます。

環境設定(自動保存)

Premiere Pro 環境設定 自動保存 プロジェクトバージョン バックアッププロジェクト
Premiere Pro 環境設定 自動保存

環境設定の自動保存のタブではプロジェクトの自動保存の間隔を設定できるのでこちらは必ず設定しておきましょう。Premiere Proは編集中にエラーで突然シャットダウンしてしまう事が時々あるので、そのような事態に備えて短い間隔で自動保存する事をお勧めします。自動保存で現在のプロジェクトも保存にチェックを入れると自動保存のタイミングでプロジェクトのバックアップがコピーされるだけでなく現在開いているプロジェクト自体も保存されます。

環境設定(キャプチャ)

Premiere Pro 環境設定 コマ落ち バッチログファイル デバイスコントロール タイムコード
Premiere Pro 環境設定 キャプチャ

環境設定のキャプチャのタブではコマ落ちの発生でキャプチャを中止するか設定したり、コマ落ちの発生を報告するかを設定したりできます。

環境設定(コラボレーション)

Premiere Pro 環境設定 コラボレーション 共有 チームプロジェクト プロジェクト ロック
Premiere Pro 環境設定 コラボレーション

環境設定のコラボレーションのタブではチームでプロジェクトを編集する際に共有の再確認の時間を設定したり、チームプロジェクトを閉じる前に警告を表示させるか設定ができます。

環境設定(コントロールサーフェス)

Premiere Pro 環境設定 コントロールサーフェス デバイスクラス
Premiere Pro 環境設定 コントロールサーフェス

環境設定のコントロールサーフェスのタブではハードウェアコントロールデバイスのコントロールサーフェスを追加したり、編集したり、削除したりできます。

環境設定(デバイスコントロール)

Premiere Pro 環境設定 デバイスコントロール デバイス プリロール タイムコード オフセット
Premiere Pro 環境設定 デバイスコントロール

環境設定のデバイスコントロールのタブではデバイスコントロールのプリロール時間を秒単位で指定する事ができます。

環境設定(グラフィック)

Premiere Pro 環境設定 グラフィック テキストエンジン ヨーロッパ・東アジア言語 南アジアおよび中東 欧文合字 ヒンディー数字
Premiere Pro 環境設定 グラフィック

環境設定のグラフィックのタブではテキストレイヤーを作成する際にサポートされる言語を選択できます。日本語の場合は「ヨーロッパ・東アジア言語」を選択しましょう。

環境設定(ラベル)

Premiere Pro 環境設定 ラベル ラベルカラー
Premiere Pro 環境設定 ラベル

環境設定のラベルのタブではデフォルトのカラーとカラー名を設定できます。

環境設定(メディア)

Premiere Pro 環境設定 メディア 不確定 タイムベース タイムコード フレーム デフォルト メディアスケーリング XMP クリップマーカー メタデータ プロキシ H264 高速処理
Premiere Pro 環境設定 メディア

環境設定のメディアのタブではメディアを読み込んだ際の細かい設定を行えます。

  • 不確定メディアのタイムベースの設定ではフレームレートが不確定なメディアを読み込んだ際のデフォルトのフレームレートを指定できます。
  • デフォルトのメディアスケーリングの設定ではメディアを読み込んだ際に読込んだメディアをプロジェクトのデフォルトのフレームサイズに自動的に調整するか設定できます。
  • クリップマーカーのXMPへの書き込みの設定にチェックを入れるとクリップマーカーはメディアファイルに保存されます。このチェックを外すとクリップマーカーはPremiere Proのプロジェクトファイルに保存されます。

環境設定(メディアキャッシュ)

Premiere Pro 環境設定 メディアキャッシュ
Premiere Pro 環境設定 メディアキャッシュ

環境設定のメディアキャッシュのタブではメディアキャッシュファイルのデフォルトの保存先を指定したり、メディアキャッシュファイルを自動的に削除する間隔や条件などを指定する事ができます。

環境設定(メモリ)

Premiere Pro 環境設定 メモリ RAM レンダリングの最適化 パフォーマンス
Premiere Pro 環境設定 メモリ

環境設定のメモリのタブではご自身のパソコンに搭載されているRAMの容量とAdobe製品に割り当てるRAMの容量やその他のアプリケーションに割り当てるRAMの容量を指定する事ができます。

環境設定(再生)

Premiere Pro 環境設定 再生 プリロール ポストロール オーディオデバイス ビデオデバイス
Premiere Pro 環境設定 再生

環境設定の再生のタブではタイムライン上のカーソルをキーボードで操作する際にShiftキーを押しながら左右のカーソルキーを押したときに移動するフレーム数を指定したり、再生中にMedia Encoderキューを一時停止するよう設定したりできます。

環境設定(同期の設定)

Premiere Pro 環境設定 同期の設定
Premiere Pro 環境設定 同期の設定

環境設定の同期の設定のタブでは複数のパソコンでPremiere Proを使用して編集する際に環境設定やワークスペースのレイアウト、キーボードショートカットなどをCreative Cloudに同期する事ができます。

環境設定(タイムライン)

Premiere Pro 環境設定 タイムライン ビデオ トランジション デフォルト デュレーション オーディオ タイムラインスクロール マウススクロール
Premiere Pro 環境設定 タイムライン

環境設定のタイムラインのタブではメディアのデフォルトのデュレーションなどを設定できます。

  • ビデオトランジションのデフォルトデュレーションの設定ではビデオトランジションのデフォルトのデュレーションをフレーム単位で指定できます。
  • オーディオトランジションのデフォルトデュレーションの設定ではオーディオトランジションのデフォルトのデュレーションを秒単位で指定できます。
  • 静止画像のデフォルトデュレーションの設定では静止画像のデフォルトのデュレーションを秒単位で指定できます。
  • 再生時のタイムラインスクロールの設定では表示されているタイムラインよりもシーケンスが長い場合にタイムラインの端まで再生ヘッドが来た時にページをスクロールするか再生ヘッドを画面の中央にキープしたままスムーズスクロールするか選択できます。
  • タイムラインのマウススクロールの設定ではタイムライン上でのマウススクロールを水平方向にするか垂直方向にするか指定できます。
  • スナップが有効になっている場合に、タイムラインで再生ヘッドをスナップの設定ではこちらにチェックが入っているとタイムラインで再生ヘッドを移動した際に再生ヘッドがスナップされます。
  • 終了まで再生後、再び再生する際に先頭に戻るの設定ではこちらにチェックが入っていると終了まで再生された後に再び再生する際に再生ヘッドが先頭に戻ります。
  • プレビューのレンダリング後にワークエリアを再生の設定ではこちらにチェックが入っているとレンダリング後にシーケンスの始めから再生されます。

環境設定(トリミング)

Premiere Pro 環境設定 トリミング トリムオフセット オーディオユニット 選択ツール トリムポイント
Premiere Pro 環境設定 トリミング

環境設定のトリミングのタブではトリムオフセット値ボタンをクリックした際にトリミングポイントが移動するフレーム数を設定できます。

AYANA
AYANA

みなさんいかがでしたか?

今日の解説は理解できましたか?

それでは、また次回の講義でお会いしましょう!

それじゃあまた!バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました