Premiere Proの画面構成について

01 Premiere Pro
AYANA
AYANA

みなさんこんにちは

魔法使い系Vtuberのアヤナです!

今日はPremiere Proの画面構成について解説していきます。

AYANA
AYANA

それでは早速いってみましょう!

スタート!

Premiere Proの画面構成について

Premiere Proの画面構成 メニューバー ワークスペース ソースモニター プログラムモニター プロジェクト ツール タイムライン オーディオメーター
Premiere Proの画面構成

メニューバー

①はメニューバーです。各種メニューはこちらから選択できます。

ワークスペースパネル

②のワークスペースパネルでは学習、アセンブリ、編集、カラー、エフェクト、オーディオ、グラフィック、ライブラリといった各用途に応じたパネルの配置があらかじめ用意されているので自分の目的にあったワークスペースを使用するようにしましょう。ちなみにこちらは編集のワークスペースを選択しています。

ソースモニター

③のソースモニターは動画素材のプレビューを確認する場所でソースのほかにエフェクトコントロールやオーディオクリップミキサーのパネルもこちらにドッキングされています。

プログラムモニター

④のプログラムモニターはタイムライン上で現在編集している映像をリアルタイムに確認できます。再生画質を変更して画質を落とすと表示される映像が粗くなってしまいますが、パソコンの負荷が減るので編集しやすくなります。こちらで画質を落としても出力後の画質には影響はありません。

プロジェクトパネル

⑤のプロジェクトパネルは編集につかう映像や音声など、全ての素材がこちらに入っており、プロジェクトパネルで管理します。こちらのパネルにはその他にエフェクトを適用する際に使用するエフェクトパネルなどもドッキングされています。

ツールパネル

⑥のツールパネルはタイムライン上の編集で使うツールがこちらに表示されています。右下に小さな三角形が表示されているツールについては長押しすると関連したツールが表示されるのでそちらを選択できます。

タイムラインパネル

⑦のタイムラインパネルはビデオを編集する際のメインの作業スペースとなります。映像や音声などの素材をタイムラインに配置してタイムラインに沿ってカットや音声の調整などを行っていきます。

オーディオメーターパネル

⑧のオーディオメーターパネルは編集中の音声がグラフで表示されるのでこちらで大体の音の大きさなどを確認する事ができます。グラフが最大値の辺りまで来ていたら音声が大きすぎですので調整が必要となります。また逆に最小値の辺りに来ていたら大きくする必要があります。目安としてはYoutubeなどに動画をアップする場合にはメーターが6割か7割ぐらいのところに来ていたら最適かと思います。

AYANA
AYANA

みなさんいかがでしたか?

今日の解説は理解できましたか?

それでは、また次回の講義でお会いしましょう!

それじゃあまた!バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました